ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年兵庫ジュニアGP回顧~名将の子・モノノフ重賞制覇~

★兵庫ジュニアGP予想結果★
◎リーダーズボード…3着
○ニシケンモノノフ…優勝
▲スザク……………6着

 昨日は園田競馬場で兵庫ジュニアGPがありました。全日本2歳優駿のステップレースのひとつ。人気はスザク、ニシケンモノノフの中央2頭に集中。3人気に名古屋の無敗馬・リーダーズボード。好位追走から抜け出したニシケンモノノフは人気に応えましたが、スザクは4角前からついていけずズルズル後退。直線で鋭く伸びたマキャヴィティが2着。2番手からよく粘ったリーダーズボードが3着。逃げたシゲルカガが4着でした。俺は結局、リーダーズボードの4枠から中央2強の7,8枠へと流したのですが、ゴール前で人気薄の中央馬・マキャヴィティに差し込まれてまたも玉砕。グハア!4角では取ったと思ったんだけどなあ。

 ニシケンモノノフは門別で2歳レコードをたたき出していましたし、前走も4馬身差の楽勝。メイショウボーラー×アフリートと地味な血統ですが、父や祖父のいい面を受け継いでいる感じですね。パワーとスピードを兼備している。ただ、距離には限界がありそう。血統表を見れば1600までかなあという印象は否めない。例年なら全日本2歳優駿でも抜けた一番人気になってしかるべき馬ですし、実際、一番人気になるかもしれませんが、抜けた人気にはならないかもしれません。2着のマキャヴィティも叩いて上積みありそうですし、新馬・500万と圧勝のアジアエクスプレスあたりも出走してくれば人気になるでしょうしね。

 俺が軸にしたリーダーズボードは二番手追走から、直線では逃げたシゲルカガを交わして先頭に立ちましたが、それも一瞬で、あっという間にニシケンモノノフに交わされました。ただ、名古屋とはいえブッチギリで7戦無敗の実績は伊達ではないというところは見せてくれました。中央馬は4頭とも500万を勝っている馬、そこに割って入ったのだから立派なものです。ニシケンモノノフには完敗でしたが、マキャヴィティとは展開の差だろうと思います。逃げたシゲルカガを自分で潰しに行きましたし。勝ち負けまでは厳しいにしても、全日本2歳優駿でも期待したい。

 マキャヴィティは休み明けかつ初ダートでしたが、何の問題もなかった。叩いた上積みが期待できそうです。また戸崎を買わないでヤラれた……。今年の馬券の大不振は、NARから戸崎のサインをプレゼントでもらったのに、戸崎をろくに買ってないことの報いか(笑) 1人気のスザクは少々出が悪かったけれども、言い訳できるほどでもないし、4角前でタレた内容はひどいな。前に行けないとモロいのかも。新馬戦も前に行けずに完敗ですしね。今年の2歳ダート馬はレベルが高そうですね。さらに中央では芝からダートへ参戦してくる馬も出てくるでしょうし、来年のダート戦線が楽しみです。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13年JCダート展望 | HOME | 13年ジャパンカップ回顧~貴婦人と黄金の舟~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |