ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年全日本2歳優駿回顧

★全日本2歳優駿予想結果★
◎ニシケンモノノフ……8着
○ハッピースプリント…優勝
▲マキャヴィティ……4着
△スザク……………2着
△メイショウイチオシ…6着
△ダイチトゥルース…5着
△ナイトバロン……除外

 実績から考えて軸にするのは当然、ニシケンモノノフかハッピースプリント。ただ、このレースでも中央馬が優勢ですし、軸にするならやはり中央馬だろうと考えて、ニシケンモノノフ軸で流したら玉砕。勝ったのは道営馬ながら中央馬を抑えて1人気を背負ったハッピースプリント。逃げるスザクを直線半ばで捕らえて1馬身半差の完勝。先日、引退したラブミーチャン以来、4年ぶりの地方馬の全日本2歳優駿制覇です。2着に逃げねばったスザク。3着以下は混戦でしたが、船橋のサーモピレー。といってもサーモピレーは道営からの移籍緒戦です。レベルが高い高いと言われていたとおりの力を中央馬……あと俺も見せつけられました(笑) 3連複でも万馬券、3連単は5万馬券と荒れました。

 ハッピースプリントと宮崎騎手は勝つんだ!という騎乗を見せてくれました。過去のレースでは中団につけていたハッピースプリントでしたが、この日は3番手から逃げるスザクを見る形。前残り傾向が強いのを感じていたのかもしれません。そして軽快に逃げるスザクを目標にして、きっちりと差しきりました。これはちょっとモノが違いますね。父アッミラーレは意外と活躍馬を出していましたが、こんな大物まで輩出してきました。エイシンサンディみたいな種牡馬になるのかなあ。陣営からはドバイという声も出ていますし、2歳王者なのですから当然UAEダービーに選出されるでしょう。

 交流重賞になってから、地方馬でこのレースに勝ったのはトーシンブリザード、プリンシパルリバー、フリオーソ、ラブミーチャン、そしてハッピースプリントです。トーシンやフリオーソはその後もGIを制覇し、さらにはアウェイであるフェブラリーSでも2着になっています。ラブミーチャンもその後のGI制覇こそならなかったものの、中央馬を相手に重賞をいくつも勝ちました。プリンシパルリバーはそれらに比べれば見劣るものの、南関移籍で羽田杯勝ち、JDD3着などがあります。ラブミーチャンもフリオーソもフジノウェーブもいなくなりましたが、やっとこさ中央馬と互角以上に戦える馬が出てきました。

 あるいはこの先、南関へ移籍するかもしれませんが、できれば道営のままで走ってほしい。南関以外の地方競馬の売上は非常に厳しいですから、頻繁に門別で走らなくても、道営所属で勝ち続けることに意味があると思います。「おらが競馬場のヒーロー」がいてこそ盛り上がる。メイセイオペラのような使われ方でいい。北海優駿や道営記念などの大レースだけ門別で走って、あとは地方全国交流、中央交流重賞で他地区馬をなで斬りにするのを見たい。

 スザクは前走の大敗だけで見限れないし、前残り馬場ならチャンスもあるだろうと思いましたが、やはり粘りました。さすがユタカ。4角手前ではもう完全に一騎打ち状態でした。完全燃焼。ユタカの談話にもありましたが、「勝った馬が強かった」としか言いようが無い。スザクも後続を6馬身ちぎってますしね。ここで賞金を加算できたのは今後に向けて大きいでしょう。春先は除外を気にしないでいいですし。どこかでもう1回芝を試してきそうな感じがしますが、それもいいかもしれません。新馬の内容だけでは芝がダメとも言い切れないし、白井最強ですからね。

 スザク以外の中央馬は何の見せ場もありませんでした。ニシケンモノノフは3角過ぎで手ごたえが怪しくなり後ろへズルズル後退。距離が長かったのか、あるいは使い詰めで調子落ちでもあったのか。位置取りは良かっただけに、このレースでは上位2頭には力負けだったというほかない。改めてニシケンモノノフの成績表を見ると1700では2着馬との差がグンと詰まっていますし、ハッピースプリントではなく、ニシケンがスプリント向きなのかも。父メイショウボーラーというのもそういう印象を膨らませます。

 マキャヴィティと戸崎はさすがにこのコースも馬場も熟知していますから、向こう正面でマクリに出ましたが、前を行く2頭をマクリきることはできませんでした。直線ではサーモピレーに差されて4着。叩かれて状態は悪くなかったんでしょうが、展開や馬場も向かなかったし、それらを抜きにしても勝ち馬とは埋めがたい実力差もあったと思います。ダイチとメイショウはコーナーで膨らんでおり、地方の小回り適性がどうなんだろうと疑問に思いました。結局、今年、少なくとも現状では中央馬よりも道営出身馬のほうが強かったということなんでしょうね。アジアエクスプレスとハッピースプリントが来年のJDDで激突するのを見たいですね。どちらも大過なく成長してほしい。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13年有馬記念展望 | HOME | 痴漢他座>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |