ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

13年有馬記念展望

 師走。一応、師のはしくれ(謙遜ではない)なので、走り回っており、実にせわしいこの時期です。中山大障害もラジオNIKKEI2Sも、集中して予想するヒマもなかったし、自信もなかったので予想もせずにケン。買わなくて良かった(笑) どちらも馬複万馬券でしたから。先週こそ外しましたが、今月は中央競馬の調子が上向いていますし、前日のレースをケンしたのもいい感じ。今年最後の中央GI。バシっと当てて来年に向かいたい。有馬記念出走各馬の短評から。

1.ダノンバラード…物議を醸しましたが、中山では年始にAJCC勝ち。重めの馬場だった宝塚記念ではジェンティルドンナを抑えての2着もあり、中山2500は向いてそう。ブービーと大惨敗だったので人気がガタ落ちですが、絶好の狙い目と思います。11人気と低評価ですが人気よりは走るでしょう。

2.ヴェルデグリーン…中山ではオールカマーを含め4勝と相性がいい。府中もこなしていますが中山向きは明白ですから、秋天8着というのは妥当な着順と思います。こちらも8人気と低評価ですが、前走からの巻き返しは十分にありえると思います。

3.カレンミロティック…金鯱賞勝ち馬は昨年、オーシャンブルーが2着に激走しています。ただ、2000より長い距離での勝ちがなく、函館でのOPで惨敗。距離の面でもコース適性の面でもあまり信用はできない。鞍上が戸崎というのはちょっと怖いんですけどね。

4.ウインバリアシオン…1年5ヶ月ぶりの前走で3着と好走。鞍上も藤岡弟から岩田へスイッチ。ただ、ちょっと人気になりすぎじゃないですかね。二走ボケがあっても不思議じゃないし、中山は日経賞2着がありますが、中山巧者というほどでもない。買うべき馬は他にいくらでもいる。

5.デスペラード…ステイヤーズS勝ち馬。間隔が詰まっているからなのか、ステイヤーズS組で馬券に絡んだ馬が思い浮かばない。実際、過去10年ではいませんね。中山はステイヤーズSで1,3着と相性は良さそうですが、ローテーションが気になります。

6.オルフェーヴル…一昨年の三冠馬であり有馬記念馬。このレースを勝っているのだから適性は問題なく、実績も他を圧倒しています。調教でもだんだん良くなっているようですし、普通に走れば結果はついてくるはず。普通に走らないおそれが多少あるのが気になりますが、まず勝ち負けでしょう。

7.タマモベストプレイ…中1週のローテも気になりますし、距離も長そうです。そもそもこの面子では敷居が高すぎると思います。翌日の阪神Cのほうが良かったのではないでしょうか。そっちなら面白そうでしたが。

8.ラブリーデイ…2勝馬で重賞2着3回で賞金を加算しての参戦。重賞勝ちの1つもない馬では厳しいし、中山での好走もないならなおさら厳しい。買える要素に乏しいですね。

9.ルルーシュ…去年の8着馬。ただ、昨秋のアル共勝ち以来、勝ち星から遠ざかっていますし、昨年と比べると勢いも感じません。中山で3戦して馬券に絡んでいないですし、府中でこそだと思います。

10.アドマイヤラクティ…重賞はダイヤモンドS勝ちのみですが、GIやGIIで安定して走っています。鞍上はウイリアムズ。中山では1000万、準OP勝ちとAJCC3着。まずまずでしょうか。鞍上と目下の勢いを思えば、3人気もやむなしか。連下は普通にありそうです。

11.ラブイズブーシェ…準OP勝ち、福島記念3着。中山は未勝利2着のみ。今年の函館で好走していたのは面白そうですが、いかんせん格下すぎる。こんな実績でも中山で3戦3勝とかなら大穴で面白いともいえるのですが。うーん。

12.テイエムイナズマ…ダービー、皐月賞で6着と人気の割には頑張りましたが、前々走のOP特別5着がこの馬の現状の実力かと。中山巧者でもなく、近走の勢いからしてもとても買えません。鞍上ミルコでもこの馬をどうにかできるとは思えません。

13.トゥザグローリー…有馬記念は3年前、一昨年と3着。重賞は5勝と実績、適性ともに申し分なく、鞍上はルメール!ですがこの1年半馬券絡みは一度もなく、2ケタ着順が目立ちます。前走は離れてはいますが一応4着。激走の可能性がないとは言い切れませんが……。

14.ゴールドシップ…昨年の勝ち馬で、今年の宝塚記念馬。ただ、この秋は不振。主戦の内田も重賞で不振で、鞍上は先週の朝日杯を制したムーアにスイッチ。どうも馬にやる気を感じないんですよね。鞍上交替が刺激になるかもしれませんが半信半疑。宝塚ぐらい走ればオルフェーヴルに勝つこともありえますが、前走と変わらないのなら、ラブイズブーシェやテイエムイナズマに先着されるかもしれない。でも、人気にはなっています。怖いなあ。

15.ナカヤマナイト…中山巧者は衆目の一致するところですが、その一方で、GIで勝ち負けするほどではなさそう。底を見せてしまった感があります。今回でGIを5連続で走って、すべて着外。次はAJCCとかでしょうから、そこが狙い目でしょうね。GIとは言え負けまくりだと印象良くないですし、次は3人気とか手ごろな人気なってほしい。次、次(笑)

16.トーセンジョーダン…一昨年の秋天馬が前走で突然復活。一昨年のJCを思わすような粘り腰でした。中山では一昨年のAJCCを勝っており、適性もあります。鞍上が……内田かあ。この秋、散々内田につぎ込んで痛い目見たし、今回は5人気と穴人気しています。前回かわずに今回買うってのは博打の流れとしては負けパターンのように思えてなりません。

☆チェックポイント☆
・15、16番枠……ナカヤマナイト、トーセンジョーダン
・GI勝ちのない牝馬……いない
・前走がGIではない(例外1)……カレンミロティック、ウインバリアシオン、デスペラード、タマモベストプレイ、ラブリーデイ、ラブイズブーシェ、テイエムイナズマ、トゥザグローリー
・前走が2000m未満……タマモベストプレイ、テイエムイナズマ
・前走から中1週以下、中9週以上(例外1)……オルフェーヴル、タマモベストプレイ、テイエムイナズマ

 残ったのは、ダノンバラード、ヴェルデグリーン、ルルーシュ、アドマイヤラクティ、ゴールドシップの5頭。ローテーションでオルフェーヴルが消えていますが、当初の予定通りのローテーションでもあるし、実績、適性から消せるわけもないので買い。相手は消去法で残っている5頭で。ルルーシュは中山向きとは思えないのですが、調教が前走や前々走よりぐっとよく見えます。ゴールドシップも馬に覇気が戻ってきたように感じます。

◎オルフェーヴル
○アドマイヤラクティ
▲ヴェルデグリーン
△ダノンバラード
△ゴールドシップ
△ルルーシュ

 馬券は3複1軸5頭BOX10点で。馬複でも流そうかとも思いましたが、1-6でも25倍見当じゃ買う気が失せたので、これだけでいいや。外れたら阪神C、名古屋GP、兵庫GT、東京大賞典で巻き返さないといけませんので。当たればそれらのレースを増額して、やっぱり買うわけですが(笑)
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<13年有馬記念回顧~最後まで暴れ馬~ | HOME | 13年全日本2歳優駿回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |