ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『ラッシュアワー』

『ラッシュアワー』

夕暮れのターミナル駅の構内は、帰宅を急ぐ人の群れ

彼らがまるで何かに追いかけられているように見える

今日はもう一日の仕事を終えてきたんじゃないのかい?

僕には見えない何かが彼らには見えているのだろうか

ああ、そんなに急いで彼らはいったい何をするのだろう?



僕も人の群れに紛れて、やってきた各駅停車に乗りこむ

揺られること25分、急行の待ち合わせ駅でしばしの停車

この電車に乗っていた人々は次々に降りて急行を待つ

でも、ここから急行に乗り換えても10分も短縮できないのに

ああ、そんなに急いで彼らはいったいどこへ向かうのだろう?



何かに追いかけられているように見えるのは、僕の思い込みか

あるいは、それは単なるクセでしかなく大した意味もないのか

ただ、あのせわしい群れの一員に、僕はなれそうもない



2005年06月20日作
2013年12月10日加筆修正
2013年12月29日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<良いお年を。 | HOME | 13年東京大賞典&兵庫GT回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |