ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『音のない詩(うた)』

『音のない詩(うた)』

人々が詩に触れる機会は減ってしまった

僕もどれだけの「詩」に触れてきただろうか

「歌詞」に触れる機会はあふれているのに

たぶん、積極的に「詩」を読むよりも

受け身で「音」を聴くほうが「楽」だから



音のない詩はドリンクを飲むように

たやすく心に染み入らなくて

粉薬のように、水でもなければ

奥底へは届かないものかもしれない

「声」はそんな「詩」のオブラートだろう



でも、本当は音がないとしても

心を振るわせられるはずなんだ

「詩」にもそれだけの力がある

書いて、描いて、うたい続けよう

自分のために、誰かのために



2013年12月27日作
2014年1月19日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年日経新春杯回顧~負け午(年男)の遠吠え~ | HOME | 新年競馬雑感>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |