ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年日経新春杯回顧~負け午(年男)の遠吠え~

 地方競馬の馬券はちょぼちょぼとですが的中がある一方で、中央競馬は福寿草特別、中山金杯、シンザン記念、そして日経新春盃と4連敗中。中央競馬の初的中が2月以降なんてイヤすぎる。この時期は仕事が繁忙期であるため、展望を書かずミニブログの類で買い目を書き込んだだけ。それがダメなのかな。カワキタフウジン、ステウインドの3枠2頭から1,2人気の2頭へのワイドを買いましたが、1,2,4人気の堅い決着で、本命党のクセに微妙にスケベ心を出した馬券は粉砕されました。

◎ステラウインド………10着
○カワキタフウジン……5着
▲サトノノブレス………1着
△アドマイヤフライト…2着

 サトノノブレスの地力はもちろんですが、その能力をいかんなく発揮させたルメールはさすがというほかない。無理に抑えずに、馬の行く気を損ねず、コースロスなく乗った結果が2着のクビ差だったと思います。ルメールは早くも今年の重賞2勝目。今年の勝ち星が2勝以下の騎手だってけっこういるのになあ。今年も外国人旋風が収まることはなさそうです。サトノノブレスは末もキレますが、菊2着が示すようにスタミナが勝ったタイプだけに、今日のように前々で押し切るレースのほうが合っていると思います。菊花賞馬・エピファネイアは大阪杯から香港だそうですし、GI馬が勢ぞろい!なんて春天になるとは思えません。サトノノブレスは春天でも有力でしょう。

 アドマイヤフライトはよく伸びてきましたが2着まで。脚質の差、枠順の差とも取れますが、ルメールと福永の差だと感じてしまいます。福永がヘタクソだとは思いませんが、ルメールが相手では分が悪すぎるのは否めない。フーラブライドは伊達に重賞含む3連勝していたわけではなかった。ただ、3,4kgもらってこの結果では、牡馬相手の重賞は厳しいと思います。今後は牝馬重賞路線でしょうが。期待したステラウインドはいい位置どりでしたが、4角で手ごたえが怪しかった。サトノノブレスと真っ向勝負して潰れた(笑) カワキタフウジンは前走がフロックではないところを見せましたが、伸び盛りの馬相手に9歳馬だとこれが限界なのかな。

 期待もしてなかったし、買ってもいなかったラウンドワールドはまったく見せ場もなく11着に大敗。2400をこなすだけのスタミナがなさそうです。2400ではなく、1400や1600のほうが合ってると思います。1400や1600ならガス欠にもならんでしょうし、パンパンの良でも渋馬場でもこなせるので、安定した成績になる……と見ています。2戦連続の大敗で人気ガタ落ちでしょうから、次に短いところをつかってきたら狙ってみたいと思っています。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ハイブリッド | HOME | 『音のない詩(うた)』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |