ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『未来よりも早く』

『未来よりも早く』

どれだけ歩いてきただろうか

ふと後ろを振り返ってみれば

落としてきたものがいくつもあった

二本の腕だけじゃ抱えられる物に限りがある

だから、くすんでいた石ころは捨ててしまった



振り返ってももう取り戻せない

あんなものがあるから辛かった

死にたくなるほど捨てたかった

そんなものを今は求めている

取り戻せないから欲しかった



くすんだ石ころを今も持っていたなら

価値あるものになっていたのかなあ

どうにもならない事が頭から離れない

誰かに捨てられたんじゃない

僕が選んで捨てたはずなのに



たぶんその石ころと同じ様なものが

それより僕にとって大切ななにかが

今の僕のなかにもきっと埋まっている

未来の僕が失って後悔する前に

現在の僕が掘り起こせればいい



掘って掘ってまた掘って……

ああ、出てくるものはゴミばかり

掘って掘ってまた掘って……

でも、そんなゴミ片付けも悪くはないんだ

僕は確かに大切ななにかへ近づいている



2011年02月16日作
2013年10月10日小改編
2014年1月26日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年AJCC回顧~伝統芸を堪能~ | HOME | 14年AJCC展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |