ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年川崎記念回顧~ダートマン~

☆川崎記念予想結果☆
◎ホッコータルマエ……優勝
○トウショウフリーク……3着
▲ランフォルセ…………4着
△ムスカテール………2着

 中央・地方通じて今年初めての重賞的中。しかも3連単……880円ですけどね(笑) 例年、川崎記念はガッチガチの決着となることが多いですが、今年も1→3→2人気での決着でガッチガチの決着でした。勝ったのは昨年のダート戦線を席巻したホッコータルマエ。単110円の圧倒的人気に応えてジーワン5勝目。この後はフェブラリーSからドバイだそうです。半馬身差2着に久々のダート参戦のムスカテール。3着に大逃げをうった2人気のトウショウフリークでした。ランフォルセは2周目の向正面で戸崎騎手がおっつけおっつけで手ごたえ怪しく4着。先行したフリートストリートも垂れて6着。地方馬最先着は母フサイチエアデール、兄フサイチリシャールの良血・サイオンの5着でした。

 ホッコータルマエは直線でムスカテールに迫られましたが、最後は脚色が同じとなり、半馬身差ながら完勝と言える内容でジーワン5勝目。南部盃から休みなく使われていますし、フェブラリーSは使わずにドバイでもいいんじゃないかと思いますが、中央GIの勲章が陣営としても、種牡馬入りしたときを考えてもほしいのでしょうね、おそらく。抜け出すとソラを使うところがある馬ですし、抜け出すタイミングが意外と難しいのかもしれません。自分で展開を作れますし、距離やコースも不問の馬なので、フェブラリーSでも期待したいですが、また何かに出し抜かれるおそれもなくもない。ただ、地方でのレースなら当分崩れそうにありません。まだ5歳ですしね。長期政権になるんじゃあないでしょうか。

 久しぶりのダート挑戦のムスカテールでしたが、鋭く伸びて2着。最後はタルマエと脚色が同じでしたが、久々のダートで王者相手にこれだけやれたなら、今後の目処がついたと思います。距離は芝と同様に2000以上あったほうが良さそう。マイルあたりだとどうでしょうね?逆にフリートストリートはやっぱり距離が長かった。2000以上を使うぐらいならむしろ1400ぐらいのほうが向いているかもしれません。さすがにもう陣営も2000以上のレースには使ってこないんじゃあないでしょうか。ランフォルセはいつものランフォルセでした。トウホクビジンはロケットスタートこそ決めましたが、結果はいつもどおりでした。トウショウフリークはシビルウォーにちぎられる馬ですので、ジーワンでは荷が重いのでしょう。

 近年、中央の馬券よりも地方の馬券を多く買っています。そして、回収率も的中率も地方のほうが良い。中央の馬券にしてもダートレースのほうがよく当たっています。芝のレースを控えめにして、OPや準OPであっても積極的にダートを選んで買っていったほうがいい感じに当たって、精神衛生的にも良いような気がする今日この頃です(笑) 人間がダーティーなので、ダート競馬向きだったのかもしれない。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<気の早い予定。 | HOME | 14年川崎記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |