ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年根岸S回顧~悲願の重賞ゴール~

☆根岸S予想結果☆
Bノーザンリバー………2着
Bスノードラゴン………11着
Bブライトライン………4着
Bゴールスキー………優勝
Bシルクフォーチュン…3着
Bテスタマッタ…………7着

 今週もベリー騎手が重賞で活躍。ゴールドアリュールの半弟・ゴールスキーが待望の重賞制覇。2着に中段から伸びてきたノーザンリバー。3着はいつものように終い鋭く突っ込んできたシルクフォーチュンでした。1人気のブライトラインは4着、2人気のドリームバレンチノは8着でした。しかし、1,2着は半馬身差で、2~10着まではそれぞれクビ差の大混戦でした。勝ち馬と10着のアドマイヤサガスの時計差が0.5秒差しかありませんでした。

 ゴールスキーは3歳時、3連勝でマイルCSへ挑んで2着とはハナ差の3着だったのが印象深いです。あれが2着だったら、賞金も加算されて、こんなに重賞制覇まで時間がかからなかったような気がします。昨年、ダートへ転向してから再び好走しはじめて、終に重賞制覇。兄がゴールドアリュールですし、もっと早くダート参戦しても良かったのかもしれませんが、ダート馬は高齢で活躍をする馬も多いですし、新境地での新たな活躍を期待したい。

 ノーザンリバーはOP特別、重賞と連勝中だったのに8人気。不思議なほどに低評価でしたが、低評価を跳ね返して2着。勝ち馬との差は勝ち馬よりも1段前にいたことと1kg多く背負っていたからでしょうか。ペースも早かったですしね。フェブラリーSでもあまり人気にならないでしょうが、3連続で好走している馬、今回買った馬を買わないわけには行かないですね(笑) シルクフォーチュンには展開も向いたと思いますが、微妙にキレが落ちてきているかもしれません。

 人気のブライトラインはダート参戦後、大崩れしていませんが、ジーワンを勝つにはややパンチ不足な感もあります。本番は今回以上の面子がそろうだけに次も4,5着というイメージが湧きます。ドリームバレンチノはやはり地方交流で活躍しても、中央では別ってことでしょうか。砂質もコースの広さも違いますし、何よりペースが違う。中央のダート重賞ではこれぐらいの力なんじゃないかと思います。賞金持ちですし、前々で競馬する馬だけに地方交流のほうが合ってそう。

 エーシントップは猛者がそろうダートではまだまだひよっこ。OP特別なら勝てても、重賞でどうこうというにはもう少し場数が必要と思います。テスタマッタは不人気もいいところでしたが、ドリームバレンチノや地方で何度も同じレースを走ったセイクリムズン、セレスハント、ティアップワイルドには先着。地方交流でならまだまだ見限れない。地方移籍したジョーメテオもよく頑張りました。しかし、ここへ出てくるぐらいなら、適距離の他地区交流重賞にでも出てきてほしい。目処もついたんじゃないでしょうか。

 昨日の白富士Sが今年の中央初的中、そして今日は今年の中央重賞初的中です。昨日の買い方に後悔もありましたが、一つ当たったことで流れが変わったと思います。2月は快進撃で一気に回収率プラスまで持っていければいいのですが、さてどうなりますかね。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年きさらぎ賞展望 | HOME | 『マグマ』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |