ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年京都記念回顧~女王の弱点~

★京都記念予想結果★
◎ヒットザターゲット……5着
◎ラキシス……………4着
◎アンコイルド…………3着

 予想通りにジェンティルドンナは負け、俺の買った馬たちはいずれもジェンティルドンナに先着……しかし、消去法で残していたのに、距離が……とか書いて消したデスペラードが完勝。配当的に妙味が……とか書いて消したトーセンラーが2着。なんというか読みは良かったのに、馬券下手を露呈する結果となりました。ちなみにラキシスを厚めに買っていました。そんなカネがあるならデスペラードの単を100円でも買うんだった……。

 デスペラードはこの距離でも短すぎるということはなかった。そして、中団~後方からの競馬ばかりしていたのに、すんなり単騎逃げを打つこともできました。やや重としても1000が1分03秒7はスローな流れ。馬場も展開もハマったと思います。今後も逃げるかは定かでないですが、ネオユニヴァース産駒だけあって、こういう渋った馬場には強いですね。春天も馬場が渋るようなら面白いでしょうが、長距離実績がある馬だけにもうこんな配当はしばらくならないだろうなあ。ああ。

 トーセンラーは実績どおりで京都では距離不問で安定感があります。馬場を考えてか4角では逃げるデスペラードを射程圏に入れて、末も切れましたが最後は残り100で勝ち馬と脚色が一緒になってしまいました。やや重まではこなせるのは分かっていましたが、あくまでもこなせるだけで良馬場のほうがいいのは間違いない。でも、休み明け緒戦としては上々だったのではないでしょうか。地味にオルフェーヴル世代は強いなあ。この馬も長期休み明けで気を吐いたウインバリアシオン、ダートで真価を発揮したベルシャザールなどなど。

 ジェンティルドンナは4角ではこれから伸びるのか?と思いましたが、まったく伸びずなだれ込んだだけの6着。休み明け、テン乗り、渋馬場と今回は負けるだろうと思っていましたが、掲示板にも載れないほどとは……。デビュー戦でエーシンフルマークとかいうその後大敗ばかりの馬に負け、渋った宝塚記念ではダノンバラードも捕まえられず。今回で弱点を完全に露呈した感があります。今思うとブエナビスタは強かったんだなあと思う。有馬記念に逃げずに出てきて勝てはしなかったけれど、2年連続2着ですし。

 アンコイルドはジリジリと差を詰めての3着。正直、この馬の単を買ったのは失敗でした。安定感がありますが、勝ちきれないのは分かっていたのに。猛省したいと思います。今後も連のヒモで買っていれば良さそう。ラキシスは軽量とはいえ、4歳牝馬がこの面子で4着なら上々じゃないでしょうか。もちろん俺は一発を期待してましたが、今後も期待できそう。ヒットザターゲットはまたどこかの平坦重賞なら勝ち負けじゃないでしょうか。

 近年、有馬記念を回避する馬が少なくないですが、中山を忌避する馬は本当に強い馬ではないと俺は思います。何もアグネスデジタルやエルコンドルパサーのように芝もダートも海外もこなせとは言いませんが、馬場への適応能力も強さの尺度の一つではあると思うのです。クラシック三冠に価値があると見られたのも、異なる競馬場で異なる距離で異なる時期で強さを発揮する適応能力、万能性があるからではないでしょうか。ジェンティルドンナは紛れもない名牝ですが、何か物足りないんですよね……。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<わなびー変人 | HOME | 14年京都記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |