ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年中山記念回顧~スタート0.5秒で玉砕~

★中山記念予想結果★
◎トウケイヘイロー……6着
○ヴェルデグリーン……5着
▲アルキメデス…………2着
△ダイワマッジョーレ…8着
△ナカヤマナイト………13着
△カレンミロティック……14着
△エアソミュール………10着
△マイネルラクリマ……4着

 出会って5秒で合体……おっと、それは大人のビデオのタイトルだった(笑) もとい、正しくは「スタート0.5秒で玉砕」でした……出遅れてしまった逃げ馬を軸にするほど切ないことはなかなかない。勝ったのは休み明けの天皇賞馬・ジャスタウェイ。天皇賞以前のツメの甘さはどこへやら。内からこじ開けるように伸びてきて、後続に3馬身半差の圧勝。混戦の2着争いは粘るロゴタイプをハナ差交わしたアルキメデス。1人気のトウケイヘイローは出遅れが響いて6着に沈みました……。

 正直、中山もやや重の馬場もジャスタウェイには向かないような気がしたのですが、キレ味勝負ではなく、好位抜け出して圧勝。自在性も出てきましたね。まあ、父も根は追い込み馬だったと思いますが、逃げてディープインパクトを破った馬でしたしね。完全に一皮むけた感じ。そもそも、今回はGI馬が4頭いましたが、落ち目のサダムパテック、疲労休養明けのロゴタイプ、故障休養明けのアユサンで、何の問題もないGI馬はジャスタウェイだけでした。ドバイも期待できそうです。

 1人気で俺も本命、軸馬にしたトウケイヘイローはスタートで出遅れ。2コーナー手前で先頭に立ちましたが、相当に脚を使ってしまったのは明らかでした。ユタカ……。もっとも出遅れなくてもジャスタウェイの爆発力の前にはかなわなかったろうなあとも思います。ジャスタウェイは一皮むけましたが、トウケイヘイローはまだホウケイヘイローだったのかもしれません(笑) ロゴタイプは一休みして疲労が抜けたんでしょうが、得意の中山でアルキメデスに差されたのは久々のせいでしょうか。

 アルキメデスも完全に本格化。この馬から流そうかとも思ったのですが……。この馬、2年前の同じ週にもジャスタウェイと走っていましたが、2年後もまたジャスタウェイに完敗してしまいました。適性は似たような感じですし、どちらも成長、出世しましたが、実力差は詰まるどころか開いたのかもしれません。GI馬でも落ち目なサダムは完敗。故障で長期休養明け、しかも初の古馬戦のアユサンはビリでした。臨戦過程は大事ですね。当たり前ですが。

 エアソミュールはいい感じの位置取りでしたがまったく伸びず。OP大将っぷりを遺憾なく発揮しました。そんなエアソミュールにも先着されたダークシャドウ……は分かりますが、ナカヤマナイトとダイワファルコンの去年の1,2着馬。衰えがあるのかもしれませんが、これで次は人気がガタ落ちでしょうし、ダービー卿CTあたりに出てきたら、狙ってみたい。次に中山で惨敗するようならさすがに見限るべきかと思うのですが。

 金曜のオッズパークGP、土曜のあーりんとんCと連勝だったので、中山記念で3連勝!と行きたかったのですが、そう上手くは行きませんでした。オッズが……とか大した根拠もなく、スケベ心で切ってしまうとたいてい裏目に出てしまうなあ。今後は気をつけたいです。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年エンプレス盃回顧~ワイルドすぎる女(馬)~ | HOME | 『夕食』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |