ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年フィリーズレビュー回顧

☆Fレビュー購入結果☆
◎エスメラルディーナ……3着

 前日の中日新聞杯で、上がり馬のマーティンボロを買うかどうか迷ってるうちに締め切られて、そして勝たれてしまいました。格下だけど勢いあるし、乗るのが外人だし、しかも全然人気ないし……迷ったら即座に買わなきゃダメだなあ。というわけで、フィリーズレビューはさっさと買いました。2戦2勝で前走、牡馬相手にOP勝ちでペドロサ騎乗のエスメラルディーナ。残り200では差しきる勢いでしたが、坂を上ったところでストップ。ギリギリで3着。複だけGET。とは言え1人気のホウライアキコが飛んで、大穴のニホンピロアンバーが2着に入ったので、複は高目について420円。悪くない。

 1番人気のホウライアキコはパドックでの入れ込みがキツかったようですが、早熟な気がしてなりません。Fレビューにヨハネスブルグ産駒は3頭(重賞勝ち馬2頭)もいいましたが、アキコの5着が最高。芝もダートもこなせるんでしょうが、坂もあまり良いとは思えません。この先も追いかけていい目を見る感じはしませんね。まあ、葵Sとかその辺のOP特別なら勝ったりするかもしれませんが。気性が落ち着いてきましたし、父がサクラバクシンオーと血統的に成長力も感じるベルカントのほうがまだ先々楽しめそう。ただ、ベルカントもマイルはギリギリじゃないですかね。桜花賞でも人気でしょうが、ヒモで抑えるぐらいでしょうか。

 当初は外人の3頭と岩田、ユタカの5頭BOXも考えたのですが、結果的にはシンプルにエスメラルディーナの単複にして良かったです。ニホンピロアンバーなんて買えない。過去6戦の馬柱だけみれば1200までっぽいし、坂もダメそうな印象を受けますしね。人気の秋山は胡散臭いですが、人気ないときはホントいい仕事しますね(笑) 複勝5500円なんて馬がやってきたおかげで、ベルカントとエスメラルディーナの複の配当も釣り上げてくれました。まあ、GIでどうこうって馬とは思えませんが。そもそもフィリーズレビュー自体が桜花賞との関連性が低いので。マイラーというよりもスプリンターが活躍しやすい傾向がありますしね。

 4着以下の馬で、賞金的に桜花賞に足りそうなのはホウライアキコ、フクノドリーム、アドマイヤビジンのみ。ホウライアキコでもネガティヴな印象のほうが強いので、本番でフクノドリームなんて買う気ゼロ。そもそも桜花賞を使ってこないかもしれませんが。アドマイヤビジンは枠が内なら2,3着があったかも?それとも四位だからやはり四位までなのか?本番では馬場が渋ったら大穴で一考という程度でしょうか。チューリップ賞組以外では、FレビューやアネモネS組ではなく、フラワーC組や別路線組のほうが気になりますね。ありきたりな考えですが(笑)
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<BUMP OF CHICKEN | HOME | 続・明暗>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |