ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年阪神大賞典回顧~未だ沈まぬ黄金の舟~

★阪神大賞典予想結果★
◎ゴールドシップ……完勝
○バンデ……………3着
▲サトノノブレス……4着

 ゴールドシップ軸は正しかったのですが、2着がアドマイヤラクティで抜けてしまいました。明け4歳の上がり馬よりも、有馬記念以来の実績馬のほうが上だったようです。大方の予想通りの堅い決着ではありましたが、微妙に人気順ではなかったです。中山のスプリングSも勝ったのはデムーロのロサギガンティア、2着に2歳王者のアジアエクスプレス、3着に善戦マンのクラリティシチーとこちらも堅い決着。スプリングSはケンだったので、予想したように買えば良かったなあ。よくあることですが、買うと外れて、買わないほうは当たってた。うーん。

 バンデがスローな逃げを打ち、やや離れてかかり気味のゴールドシップ。緩い流れでしたし、正直、ゴールドシップ=バンデで取れたと思ったのですが、4角で一気にゴールドシップ、アドマイヤラクティに並ばれて、シップには一瞬で突き放されました。アドマイヤにはバンデもよく食い下がり、差し替えそうともしてましたがクビ差先着されての3着。サトノノブレスは出負けが響き、位置取りが悪くなり、4着までが精一杯。ヒットザターゲットはやはり坂のあるコースは向かないようです。3000という距離もやや長いと思いました。

 この頭数、この面子で負けるようならゴールドシップはもうおしまいと思われましたが、調教も動いていましたし、ズブいぐらいの馬が道中かかっており、スローペースで前づけできていたので、これは勝つなと分かりました。昨秋は行き足つかず、馬のやる気を感じませんでしたから、それに比べればスタミナをロスしていても、かかっていたのはよっぽどマシだった。今日のような内容なら春天でも少し期待してしまいますね。たとえ、フェノーメノやらトーセンラーに負けたとしても、格好のつく内容を本番でも期待したい。

 中山ではアジアエクスプレスが2歳王者としての面子を最低限果たす走りをしていました。GI勝ちにGII2着。芝もこなせるのは疑いようもないのですが、アドマイヤドンみたいな馬なんじゃないかと思います。距離も2000が限界じゃないでしょうか。一昔前のマルガイのようなムキムキの身体で2400や3000が向くとは考えにくい。皐月賞は掲示板に載るぐらいはやれるかもしれませんが、ダービーで好走するとは思えない。まあ、ダービーで大敗して、そこからはJDD→休養→南部盃→JBCクラシック→ダイヤモンドC(だっけ?)→東京大賞典というような、砂の王道路線へ向かうのを期待したい。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年名古屋大賞典展望 | HOME | 『あの日』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |