ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年花巻・水沢旅行

 あっという間に1週間経ってしまったのですが、先週の月・火と岩手県の花巻温泉へ母と祖母と3人で行ってきました。日曜の午後から少々風邪気味で体調が悪かったのですが、予約を急には変えられないので行ってきました。ねぶごん(ワゴンR RR)で東北道を南下すること2時間で花巻着。

 それなりの距離の高速をねぶごんで走るのは初めてでしたが、ねぶとろ(前の車・ヴィヴィオビストロSS)よりは車内が静かでしたね。また、街乗りをする分にはねぶごんよりもねぶとろのほうが俊敏なのですが、高速走行の場合は大差なかったです。100kmで4000回転弱ぐらいでしたが、3000回転以上と、ターボが常時効いている回転域だから差を感じないのだと思います。平日の弘前~花巻の東北道なんてガラガラでしたわ(笑)

 母とばあちゃんをホテルに置いて、俺は即座に南下して水沢競馬場へ。花巻から水沢までは40kmほど。所用時間1時間ってとこですか。高速代がもったいないので国道4号で南下。水沢競馬場は規模が小さいし、年季を感じる場所でした。それと無料駐車場はない。近くに300円(一日?)の駐車場がいくつかあるので、そこに泊めました。しかし……何百台も泊められるとは思えません。数年前に水沢で交流重賞・クラスターCが行われたことがありましたが、駐車場に困ったファンがたくさんいたんじゃないかなあ。

 車を停めて入場券(200円)買ってゲートをくぐるとそこがパドックでした(笑) 極端な話、入場しなくてもパドックが見えます(笑) そして知ってる人は知っているでしょうが、パドック脇の出馬表はチョークで手書きです。味わい深い。この日は重賞も何もない日でしたが、まあ、そこそこには客がいました。規模が小さいからってのもあるんでしょうが、メインがOP特別な新潟競馬場と人口密度としては同じぐらいじゃないかなあ。この競馬場からメイセイオペラやトーホウエンペラーが育っていったわけですが、そんなスターホースがまた生まれてほしいものです。

 今期の岩手競馬が開幕して3日目ということで、一部の南関などからの移籍馬を除いては、みな休み明けの馬。冬休み前に連勝した馬もポンポン飛んで、馬券は荒れ模様でした。8,9,10と3レース買ったのですが、全部ハズレ。せめて1レースぐらいは取りたかったんですがね。ほとんどの地方競馬がそうであるように、水沢も非常に小回りなので4角……というか3角で好位にいないともう諦め状態。普段から買ってないと取れないですね。俺は普段は南関と交流重賞しか地方競馬を買わないし……。まあ、でも天気も良かったし、気持ちよく観戦はできました。

水沢競馬場スタンド外観
水沢出馬ボード
コロニアルペガサス


 写真は先述の手書きの出馬表、スタンドの外観、そして、いつの間にか水沢にいたコロニアルペガサスです。かつては何度も交流重賞にも出ていたお馬さんですが……水沢のB級でも5着。うーん、だいぶ衰えてしまったようです。競馬場をあとにし、国道4号を北上して花巻へ。ホテルはかなり混んでいました。閑散期ですが、中国からの団体客がかなり宿泊していました。え、ここは北京か上海か?(笑) まあ、値段なりのホテルだったかなあ。昨年泊まった秋田県鹿角のホテルのほうが良かった(そちらのほうが2000円ほど高い) 秋冬の疲れを癒すために脚を運んだのですが、体調不良もあってか余計に疲れました(笑)
スポンサーサイト

テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年東京スプリント展望 | HOME | 14年高松宮記念回顧~コパノリGI連勝~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |