ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年大阪杯展望

 今週は中山でダービー卿CT、阪神で大阪杯が行われます。馬券的に妙味があるのはクセのあるコースでフルゲートのダービー卿CTでしょうが、注目は有力馬参戦して、今後のGIにつながるであろう大阪杯ですね。というわけで、大阪杯の展望です。短評は省略して、いきなり消去項目から。去年、一昨年と項目自体は変わっていません。特別に記してない限り、過去10年(あまり)の連対馬から出しているデータです。

◆チェックポイント◆
・7歳以上馬……フラガラッハ、トウカイパラダイス、ビートブラック
・重賞を複数走って連対がない……いない
・中1週以下……いない
・GI馬以外の半年以上の休み明け……いない
・前走がOP特別以下で2着以下……いない
・前走がGII、GIIIで4着以下……フラガラッハ、ショウナンマイティ、トウカイパラダイス、ビートブラック、カレンミロティック
・前走がダート……いない

 実際には7歳以上馬は3連対していますが、マグナーテンが2回とサンライズペガサスです。7歳時のマグナーテンは前走でAJCCを勝っており、サンライズペガサスは前走の中京記念2着でした。8歳時のマグナーテンは前年度の覇者です。よほどの押しがない限り7歳以上は不要。ただ、ショウナンマイティは一昨年の勝ち馬で、昨年はオルフェーヴルの僅差2着で、よほどの押しがある。

 残ったのは、エピファネイア、メイショウマンボ、キズナの人気3頭。3頭とも昨年のGI馬で、阪神で重賞を勝っており、この距離がベストとも思えます。3頭とも休み明けですが、故障していたわけでもなく状態も問題なさそう。エピファネイアやメイショウマンボが近走で破った馬が普通に重賞やOPで勝ち負けしていますし、キズナもアウェイで英ダービー馬を破っていたり。つけこむ余地はないのか?

◎エピファネイア
○キズナ
▲メイショウマンボ
△ショウナンマイティ

 牡馬というのもありますが、メイショウマンボは休み明けのローズSで敗れています。今思うと叩いてよくなる馬なのかなと思い、少し評価を下げました。馬券は馬単フォーメーションで4,7→2,5の4点で。エピファネイアとキズナだと厚く買わないとなりませんし、2強で決まれば諦めます。一角崩しを期待。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年大阪杯回顧~人馬のきずな~ | HOME | 14年東京スプリント回顧~6歳の新星~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |