ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年大阪杯回顧~人馬のきずな~

★大阪杯予想結果★
◎エピファネイア………3着
○キズナ………………優勝
▲メイショウマンボ……7着
△ショウナンマイティ…5着

 ◎○アタマで他へ流すという買い方は良かったと思うのですが、当たりさえすればガミなどないのだから、カレンやトウカイまで流すべきだったなあと後悔しました。負けたときに傷口が広がるのがイヤだったので、買い目を絞ったのですが……裏目に出ました。ヘンに買い目を絞ったのは守りの馬券。俺は絞って的中できるほど博才はないので、たとえガミ覚悟でも手広く行くべきだったと反省というか後悔。

 勝ったのは凱旋門賞4着以来のダービー馬キズナ。どう見ても前残りの流れを上がり33.9の剛脚で全馬ぶっこ抜き。ダービー時と比べれば20kg増えていますが、10ヶ月経っていますし、ほぼ成長分でしょう。そして長期休み明けでこれ。今回のメンバーではモノが違ったということでしょうか。今年のさらなる飛躍が期待されます。レース後の談話では、「ファンが多いと言われますが、なんで2番人気だったのかな(笑)。自信はあったんですけどね」とユタカは若干不満そう(笑) この内容も当然という手ごたえ……というよりもキズナに対する信頼(それも絆か)があったんでしょうね。

 エピファネイアは粘るトウカイパラダイスも捕まえきれずに3着。近走からして前々の競馬をするかと思いましたが、キズナと大して変わらない位置からの競馬。そして、キレ負け。福永はなんであんな位置取りにしたのか?カカり癖のある馬ですが、多少かかってももっと前にいれば、キズナに勝てたかはわかりませんが、トウカイパラダイスに先着を許すことはなかったんじゃないかなあ。少なくとも買った人が納得はできたように思います。メイショウマンボはカカっていました。展望にも書きましたが、やはり休み明けは気性的に不向きなのかなと思いました。

 トウカイパラダイスは明け4歳のGI馬3頭以外では、一番、マシな近走ではありましたし、何より展開が向きました。目黒記念や函館記念あたりで悲願の重賞制覇ができるかも?7歳馬ですが衰えはなさそう。逆にショウナンマイティは衰えてしまったのかな……?この面子、この頭数ならもう少しやれるかなと期待していたのですが。カレンミロティックもこの馬なりに粘ってはいました。巻き返しのきっかけになりそうです。フラガラッハは中京記念でだけ注目(笑) ビートブラックは着順、着差からして厳しい感じがします。GI馬だけに斤量背負わされて、使いどころが難しいでしょうし。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年マリーンC回顧~ワイルドすぎる圧勝、再び~ | HOME | 14年大阪杯展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |