ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年天皇賞・春展望

 今週末からゴールデンウィークも後半戦ですが、競馬もかきいれ時です。土日の中央重賞はもちろん、連日のように交流重賞も開催されます。春天をどこで観戦するかは現状未定。府中まで行こうとも思ったのですが、新潟経由でさらに首都圏まで出張るのは、若くもない俺にはなかなか負担ですし、GWなので混んでますしね。上京は機会を改めてJDDか帝王賞に合わせて……とも思っています。

 ともかく今週末は旅先なので早めの春天展望。昨年は大本命だったゴールドシップが5着に沈みました。今年もゴールドシップはいますが、キズナ、ウインバリアシオン、フェノーメノ、デスペラードなどいろいろいるので、一頭の馬に過度に人気が集中することはない……と見ていますが、キズナが人気するのかな。前走の走りは圧巻でしたので。まずはいつものように短評。枠順も不明ですが。

1.アスカクリチャン…重賞2勝の実績馬。昨秋のアル共は生観戦し、消して生玉砕させられました(笑) それはともかく京都は向いていないような気がします。馬場が渋るようなら連下の可能性が多少はあるかという程度。

2.アドマイヤフライト…京都巧者ですが、その京都でもGII2着まで。GIのこの面子でどうですかね?不向きだったんでしょうが日経賞で大敗しすぎ。前走より前進があるかもしれませんが馬券に食い込むのは難しそう。

3.サトノノブレス…昨年の菊2着、今年の日経新春盃勝ち。京都の長丁場は合っているが、エピファネイアやアドマイヤフライトをモノサシにするとここで力が足りるかどうかは微妙。

4.サイレントメロディ…これも無理。というかダート馬だろう。

5.レッドカドー…去年の3着馬。昨年のメルボルンCも2着。世界的ステイヤー。距離適性を重視して、この春も香港ではなく春天参戦。上がりに限界があるでしょうし、馬場が渋るかハイペースの消耗戦にでもならないと厳しいように思います。

6.ホッコーブレーヴ…重賞実績もなく休み明けでしたが、前走の日経賞で激走しての2着。ただ、格下なのは否めない。

7.フェノーメノ…去年の勝ち馬ですが、長期休養明けを一叩きしてどれだけ変わるか。去年よりも骨っぽい面子がそろって、この馬自身の臨戦過程は去年より良くないだけに……。アタマまでは厳しいのでは?人気もするでしょうし、どちらかといえば軽視したい。

8.ゴールドシップ…菊花賞馬ですが、本質的に京都は向いてないのかも。地力で動いて上がりの競馬にさせなければいいのですが、気分屋なのでアテにできない。阪神や中山なら軸にもできるでしょうが、京都では怖くて軸にできない(笑) ヒモにするにも人気でしょうし、取捨に困ります。

9.タニノエポレット…ここ3走とも馬券になっていますが、OPで勝ててもGIIIで勝てないあたりが限界なのかも。それとダンスインザダーク産駒は菊では強いですが、春天では今ひとつだしなあ。ここは荷が重そう。

10.フェイムゲーム…GIIIを2勝。距離に目処がついたのは大きいですが、ダイヤモンドSと春天は関連が薄いのが気になります。間も開いていますしね。ここは試金石の一戦。

11.ラストインパクト…小倉大賞典勝ち、昨秋の菊は4着。京都がベストと思いますが、日経賞でも3着というのは目下の勢いを示しています。ただ、病み上がりのフェノーメノとタイム差なしでは、一叩きで逆転されそう。使われているだけに上積みの面でも微妙。

12.ウインバリアシオン…長期休養明けの金鯱賞3着、有馬記念は2着、前走の阪神大賞典で久々の勝利。調子は右肩上がり。オルフェーヴルさえいなければGIを何個か勝ってたであろう馬。何年も前ですが菊2着、春天3着馬でもありますし適性は問題ない。勝ちきるかはわかりませんが、馬券になって当たり前の馬。

13.オーシャンブルー…一昨年の有馬2着、今年の中山金杯馬。中山は得意だと思うのですが前走は大敗。準OPまでですが京都は3戦3勝と相性は良さそう。ムラっぽいですが大駆けの余地もありそうと見ています。

14.キズナ…昨年のダービー馬。海外実績も積み、今年緒戦も完勝。京都はGIIを含む3戦全勝。前走だけでは古馬との力関係がハッキリしませんが、アウェイで英ダービー馬をねじ伏せ、凱旋門賞4着の馬。ここも好走していい。ある程度は馬場が重くなってもこなせそうでもあります。

15.アドマイヤラクティ…重賞は昨年のダイヤモンドS勝ちだけですが、昨年の春天、JCで4着。コースを選ばず安定感があります。ただ、善戦マンって感じがしますね。昨年以上のメンバーでもありますし、掲示板に載っても勝ち負けまではどうか?

16.ジャガーメイル…かつてのこのレースの勝ち馬ももう10歳馬です。一昨年4着、去年も6着と頑張っていますが、さすがに衰えは否めない。でも、ここでは無理でもどこかで激走の余地はあるかもしれません。

17.ヒットザターゲット…阪神以外の大賞典3勝馬。京都大賞典を勝っていますし、この舞台も問題ない。基本的に平坦巧者なのでしょう。ただ、この面子でどうか?人気にならなさそうですし、連穴としては面白そうだと思っているのですが。

18.デスペラード…京都も長距離も実績十分。ただ、ノリがどう乗るか。去年は9着で、去年より力をつけているとは思いますが、GIの面子で力が足りるかどうか。京都記念はやや重でしたし、ネオユニ産駒でもありますし、馬場が渋るなら連下で一考。

☆チェックポイント☆
・牝馬……いない
・京都芝と重賞の連対歴が共になく、前走4着以下……いない
・前走・条件戦、OP特別(大阪HC除く)……いない
・前走・大阪HCで3着以下……いない
・前走2着以下の7歳以上馬……アスカクリチャン、サイレントメロディ、レッドカドー、ジャガーメイル
・ 前走・阪神大賞典で7人気以下……いない

全然絞れていませんが、消した3頭はまずないでしょう。臨戦過程を考えると、タニノエポレット、フェイムゲーム、デスペラードもキツいと思われます。重賞未勝利のアドマイヤフライト、ホッコーブレーヴ、タニノエポレットも厳しい。

 残っているのは、サトノノブレス、フェノーメノ、ゴールドシップ、ラストインパクト、オーシャンブルー、キズナ、アドマイヤラクティ、ヒットザターゲットの8頭。これで決まると思いますが、ここからの選択が難しい。うーん、ヒットザターゲットは鞍上が見劣りしますし、この面子ではキツそう。

逆に外国人が3人もいて、誰も馬券にならないなんて考えられない。特にウイリアムズとシュタルケは人気馬に乗っています。ゴールドシップは勝つかもしれないし、飛ぶかもしれない。アテにできない。逆にウインバリアシオンはアタマの可能性はゴルシに劣りますが崩れるとは思えない。本命はウイン。

◎ウインバリアシオン
○キズナ
▲ゴールドシップ
△フェノーメノ
△オーシャンブルー
△アドマイヤラクティ
 △サトノノブレス

 買い目はオッズを見てから判断しますが、◎軸の3複フォーメーションを木曜夜の時点では考えています。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年天皇賞・春回顧~ソツのない馬とツキのない馬~ | HOME | 14年かきつばた記念回顧~勝負に絶対はない~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |