ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年NHKマイルC展望

 中央競馬は高松宮記念を取って以来、泥沼の8連敗。2014年5月10日時点の地方競馬の年間回収率は96%と好調なのですが、中央競馬の回収率は57%。うーん、ちょっとヒドい。別に今春のGIは荒れまくりってこともなく、むしろ割と堅く決まっていますが、俺が切った人気馬が食い込むことが多い……というようなことを去年のNHKマイルの展望でも書いていました(笑) そして去年はわざわざ府中まで出向いて現地で玉砕しました。

 それはさておきNHKマイルC出走各馬の短評です。

1.キングスオブザサン…京成杯2着馬。府中もマイルも初。新潟で新馬を勝っていますが渋馬場。距離短縮は好感持てますが、マイルで1分32秒台での決着になった場合に対応できるとは思えない。ハイペースにもなりそうにないしなあ。

2.タガノブルグ…前走OP勝ち。ただ馬券になったのは1400以下。2,3走前でミッキーアイル、タガノグランパに敗れています。距離がさらに伸びて良いとも思えない。そもそも重賞……さらにGIで三浦を買う気は起きない。

3.ダンツキャンサー…1400までしか実績がなく、しかも目立った時計でもない。距離については母父のバクシンオーが強く出ているのかな。前走OP特別勝ちなのに、前売りで最低人気というのは不人気過ぎな感もありますが、馬券に絡む絵は浮かばない。

4.ロサギガンティア…スプリングS馬。これまでに戦ってきた面子が他馬とは一枚上。GII勝ちの実績もここでは上位。府中での勝ちもある。藤沢和厩舎でヨシトミさんというのはどうにも掲示板くさい雰囲気がありますが、無視はできない。距離短縮も魅力。

5.ショウナンアチーヴ…出遅れながらもNZTを差しきり勝ち。中山のほうが良いんでしょうが、府中でも崩れていません。ここでは実績上位。後藤騎手が不幸な怪我で戸崎にスイッチですが、戸崎ならテン乗りでも上手く乗ってくれると思います。距離が少しだけ不安。

6.ベルルミエール…NZT3着。ただし、それ以前はマイル未満しか走っていない。距離にも時計にも鞍上にも不安を感じます。それと牝馬でこのレースを制した3頭とも3勝以上(=OP勝ち)がありました。その3頭と比べればこの馬はかなり見劣る。

7.ホウライアキコ…重賞2勝、桜花賞4着。牝馬ながらこの馬なら、かつてのピンクカメオ以上の実績、デアリングハートといい勝負な実績ですし勝ち負けもあるか。正直、マイルでも微妙に長いような気はしますが、GIとは言えここは割と軽い面子。なんとかなるかも。

8.サトノルパン…見栄えのする馬柱に血統ですし、鞍上ユタカで人気なのかもしれませんが、「サトノ」かあ。うーん。府中でも勝っているし、マイルでも勝っている。このぐらいの人気なら妥当といえば妥当なのかな。ただ、ゲートに難があるし、取捨に悩む一頭。

9.アトム…新馬戦でミッキーアイルに土をつけた馬。デイリー杯2着。ただ、休み明け。調教では動いていますが実戦でどうか?このぐらいの人気ならヒモで抑えてもいいような気はしますが。

10.ミッキーアイル…新馬でアトムに敗れた後は重賞2勝を含む4連勝。2走前で振り切った馬は朝日杯も皐月賞も3着。前走、前々走で寄せ付けなかった馬がファルコンSを勝っています。1番人気は当然。問題は逃げ馬にはキツい府中マイルを逃げ切るだけの力があるかどうか。それだけでしょう。他馬は関係ない。

11.カラダレジェンド…京王杯2歳S馬。府中で重賞含む2戦2勝。鞍上に勢いもありますし、この人気なら穴で一考。

12.ショウナンワダチ…NZT2着で府中で2勝。500万では人気の一角・ロサギガンティアを破っています。ただ、前走・3走前と同馬主で同父のショウナンアチーブには敗れています。鞍上もアチーヴには見劣るしなあ。

13.アルマエルナト…NZT4着。1200で連対がない。1400、1600の重賞でも大崩はしていませんが、前走以上の面子ですし、実績を見ると府中向きという感じもしませんね。

14.ウインフェニックス…NZT5着。府中で3走していずれも2着。昨秋上京したときに生で見て馬券も取っています(笑) それはさておき、実績を見ると劣化ウインフルブルーム?マイル以上を使って大崩してないし、ここも連下はなくもないかも。

15.アドマイヤビジン…牝馬一戦級を相手にそれなりにやれています。ただしマイルはギリギリのような印象。面子の問題もありますが、府中のマイルはキツいのではないかなあ。

16.エイシンブルズアイ…マルガイでエイシンで毎日杯2着。いかにもありそうなローテーション。手ごろな人気でもあります。ただ、前々走で、デムーロ弟が乗ってあの結果では、現状、ミッキーアイルとは埋めがたい差を感じるのも事実。

17.マイネルディアベル…NZT7着。府中でOP含む2勝をあげていますし、鞍上はウイリアムス。重賞でも着順、着差ともそこそこ。この人気は低すぎるだろう。父がナイキアディライトってのも渋すぎる。活躍馬、しかも芝馬を出してくるとは予想外。

18.ピークトラム…前走で500万勝ちですが、OPや重賞で相手なりに走り続けていた馬。ただ使われすぎですし、ノリさんですからね。常に後方ポツンのおそれがある(笑) 人気薄ですが3着はあっても驚かないです。

◆チェックポイント◆
・前走が500万下……ピークトラム
・前走がOP特別で2着以下……いない
・前走がNZTで8人気以下……ベルルミエール
・前走が毎日杯3着以下(重賞勝ち馬を除く)……いない
・前走が皐月賞で7着以下……キングスオブザサン、ロサギガンティア
・重賞勝ちがなく、前走が1400以下……タガノブルグ、ダンツキャンサー、サトノルパン
・前走がダート……いない
・10戦以上……アルマエルナト、アドマイヤビジン、ピークトラム
・中1週以内/3ヶ月以上……アトム

 残ったのは、ショウナンアチーヴ、ホウライアキコ、ミッキーアイル、カラダレジェンド、ショウナンワダチ、ウインフェニックス、エイシンブルズアイ、マイネルディアベルの8頭。結構残ったなあ。

 面子を見ると、近走で逃げているのがミッキーアイル以外には、最低人気のダンツキャンサーのみ。自爆覚悟でせりかけられない限り、すんなりミッキーアイルが逃げられるはず。ウインフルブルームの猛追を振り切る馬ですし、この面子なら押し切れると判断したい。

◎ミッキーアイル
○ショウナンアチーヴ
▲エイシンブルズアイ
△カラダレジェンド
△マイネルディアベル
△ショウナンワダチ
△ウインフェニックス
△ホウライアキコ

 馬券は◎軸の馬連7頭流し。1人気馬からの流しですが、3人気馬以外の上位人気馬をぶったぎっています。ヒモ荒れ期待。マイネルディアベルやカラダレジェンドが来てもいいと思うんですがね。府中実績あるし、鞍上も強力ですしね。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『トンネルのお宝』 | HOME | 14年兵庫CS回顧~園田エキマエは通過します~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |