ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年関東オークス展望

 南関牝馬三冠の最終戦であり、唯一の3歳牝馬グレードレースでもある関東オークスです。正直、3歳限定のグレードレースはもっとあってもいい。1~4月に一つもないってのはどうなのか。中央にいたっては3歳のダート重賞はユニコーンSとレパードSしかないですし。わけのわからない番組改変するぐらいなら、普通にヒヤシンスSや昇竜SをGIIIにできないものか?ラジオNIKKEI2歳Sや朝日杯の時期や場所も変えてしまうJRAなんですから、いっそNHKマイルCは府中ダート1600にしてしまえとも思う。春の府中で芝マイルGIが3つってのは多すぎる。

 話がそれました。明日は川崎の関東オークス。中央勢に食い込むことの多い南関勢ですが、桜花賞馬・シャークファングは先週の優駿スプリントTRを使って不在、東京プリンセス賞馬・スマートバベルも先週の東京ダービー参戦で不在。ノットオーソリティーやブルーセレブもいません。いるのは、暮れのローレル賞を勝ち、その後も南関牝馬王道路線で堅実なクライリング、同じく南関牝馬二冠で5,3着のイエスアイキャンあたり。手薄だなあ。他地区勢のトーコーニーケは目を引く戦績ですが、トーコーニーケが0.4差で勝ったクロスオーバーに、エキマエは3.3差で勝っている(エスメラルディーナとも2.9差)。ダメだこりゃ(笑)

 中央勢は、エスメラルディーナ、アムールブリエ、ローブデソワ、ディルガの4頭。アムールブリエとローブデソワはダート500万勝ち、OP掲示板級。ただし、ローブデソワは1400でしか好走しておらず、1600で大敗しました。エスメラルディーナは兵庫CS3着、ディルガは初ダート。エスメラルディーナが実績上位。距離がどうかという向きもありますが、前走は距離の影響が皆無かは分かりませんが、単純に上位2頭の力が上だったと思います。OP特別を勝っていた馬でしたから。この面子なら多少、長くても能力の違いでエスメラルディーナは勝ち負け。負けるなら内田騎乗でダートが未知数のディルガでしょう。

◎エスメラルディーナ
○ディルガ
▲アムールブリエ

 3着ならイエスアイキャン、クライリングあたりもなくはないと思いますが連まではどうかなあ。念のために枠単で◎⇔○▲の4点。枠単のほうがつくかもしれないのと、枠単にすればイエスアイキャンもカバーできるので。
スポンサーサイト

テーマ:南関東競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年関東オークス回顧~進撃のトーコー軍団~ | HOME | 14年安田記念回顧~世界のジャスタウェイ、ハナ差完勝~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |