ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年北海道スプリントC回顧~さすがのサガス~

 関東オークスの後、展望も回顧も書いていませんが、北海道スプリントCと昨日のマーメイドSも買っていました。そして、外れています(笑) どちらも深く考えないで買ったのですが、ダメですね。深く考えれば当たるってもんでもないのですが、予想のプロセスこそが醍醐味なのに、それを放棄して仮に当たっても金銭的プラス以上のものは得られないでしょうから。今回のように外れると、醍醐味が得られないところか空しさも倍増しますわ。きちんと予想できないときは、そのままケンしたほうがいいですね……。

★北海道スプリントC回顧★
◎セイクリムズン……5着
○スノードラゴン……2着
▲アドマイヤサガス…優勝
△いろいろ…………3着以下

 実績断然とは言え、たびたび自分の回顧でも1200~1400から1400~1600に適性がシフトしてきたと書いてきたセイクリムズンを本命にしている時点で、これまでの自分の予想経験を無視しているし、ついでにセイクリムズンはコンスタントに使われているのに+10kg。この時点で???と思って、せいぜいヒモ扱いにすべきだった。そもそも成績が徐々にではあるが、着実に下降線をたどっており、よほど面子が軽くなければ本命にはしづらい。当たり前ですよね……。外れるべくして外れたと自嘲気味に書きたい。

 1人気はスノードラゴンでしたが脚質から勝ちきれないのではないかと思い、評価としては○だったのですがこれは合っていた。芝なら時計のかかる渋馬場、ダートなら時計の出る渋馬場が合っているように思います。差し馬ではありますが使える脚は長いといいがたいので、地方競馬自体は向いている。直線が長くても去年のクラスターCなど届かなかったですしね。GI含む重賞3連続2着と見栄えがするので、次がどこでも人気でしょうが過信はできない。

 勝ったアドマイヤサガスは調教でよく動いていましたし、人気2頭の輸送過程に疑問符がついていました。結果論ですが、人気ほど上位2頭は堅くなかったわけでこの馬の浮上の余地はあった。それと地方での川田は信頼できますね。サガs……さすが佐賀競馬場育ち(このレースは門別でしたが) この馬はセイクリムズンと逆で1200~1400が実績からして良さそうで、そういう意味では今回が絶好の狙い目だったんだろうなあ(負け犬の遠吠え) 次が試金石となると思います。もっと賞金積まないとJBCに出られませんし。

 セレスハントは3連覇なりませんでしたが1年ぶりの馬券絡み。1ターンの競馬が合うんでしょう。とは言え今年は3着、もう9歳。衰えは明らか。どこかでもう一発ありますかね?もしあるなら来年のこのレースのように思えてなりません。アウヤンテプイは中央の差し馬が台頭する流れで、よく僅差の4着に粘りました。まあ、去年と似たようなレースで同じ着順ですが、これだけやれるなら、南関遠征でもしてくれたら面白いのになあと思います。ホームとは言え、骨っぽい今回の南関勢に余裕の先着なわけですし。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『対義語』 | HOME | 『君が誇り』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |