ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年帝王賞展望

 先週末にはジャパンダートダービーの前哨戦となるユニコーンSが府中で行われましたが、大本命のアジアエクスプレスはまさかの大惨敗。たとえ、ここまでダート未経験としても、昨年の2歳王者で皐月賞6着の馬ですから1人気だったでしょう。ダートで2戦圧勝だったのだから、圧倒的人気は当然だったのですが見せ場無しとは……。アドマイヤドンやゴールドアリュール並みかもしれないし、そこまで行かずともサイレントディール並みは必至だろうと思ったのですが、フタを開けてみたらスシトレイン並みでした。調教がやけに軽かったですし、状態に問題があったのかもしれません。早熟マルガイでもう打ち止め……とは思いたくないですが、これほどの大敗ではしばらく手が出せない。

 ちなみにユニコーンSはケンでした。買ったのは函館スプリントS。ストレイトガールをそこまで信用していなかったので、スマートオリオンの単勝勝負だったのですが、どっちも惨敗で勝ったのはガルボ。ガルボはこれで重賞4勝目。3歳初めのシンザン記念を勝ち、今、7歳にして重賞を勝つ。実に息の長い馬です。路線が違いますがエーシンモアオバーも長く頑張っています。ちなみにこの勝利で、マンハッタンカフェ産駒としては2番目に稼いだ馬になりました。一番は春天馬・ヒルノダムールですが、差が5000万円ほどなので、このまま現役を続けて、重賞をもう一つ勝てば逆転しそうです。3歳から7歳まで、この馬が主役だった時期はなかったと思いますが、息の長い名脇役になっています。

 さて今日は帝王賞。ただ、期待したほどのメンバーにはならなかったですね。ドバイ組はベルシャザールは引退。ホッコータルマエも休養中。当初はかしわ記念を制しても、なおコパノリッキーの出走が確実とはいえない状況だったのですが。南関勢で期待されたサミットストーンはザ石で回避だそうで……。残念です。兵庫からオオエライジンが出てきてくれましたが、交流重賞ではJpnIIIで3着が精一杯。そもそも2000は長いように思います。地方勢同士なら能力差で埋められるのでしょうが、中央馬相手だと1400~1600のほうが良さそう。キスミープリンスもゴールドバシリスクもサミットにちぎられた馬ですし、サイレントスタメンは名前通り、静か過ぎていてもいなくても変わらぬスタメン。グランシュヴァリエも同様。

 GI連勝中のコパノリッキーで軸不動と見ます。マイルGI連勝中ですが、兵庫CSで1870を圧勝した馬ですし、血統的にはむしろ2000でこそとすら思えます。人気で続くのはニホンピロアワーズ、ワンダーアキュートのGI馬2頭ですが、ニホンピロアワーズは徐々にですが衰えているように思えてなりません。1歳上のワンダーアキュートよりも。ワンダーアキュートは衰えていないと思いますが、前々走を除いてGIでは2,3着を続けること1年半(笑) ここもこの面子なら2,3着と考えるのが自然。シビルウォーは鞍上が知り尽くしたコースですが、馬が順調さを欠いています。それに9歳ですしね。ムスカテールも鞍上がGI請負人ですが、よく分からないローテが気になります。そもそも川崎記念は勝ち馬以外の面子が微妙だった。ソリタリーキングも中3ヶ月がどうか?

◎コパノリッキー
○ワンダーアキュート
▲ニホンピロアワーズ
△ソリタリーキング
△シビルウォー
△ムスカテール

 目下の勢いを考えれば十中八九コパノリッキーで堅い。残り5頭ではやはりGI馬2頭が上位とは思いますが、他3頭が崩せないほどの差ではないと思います。人気3頭で決まったらしょうがない。馬券は◎→○▲=△3頭の3単12点。2,3人気のどちらかが飛ぶと踏んだ馬券なのでガミはなさそう。というか○▲が3着で、△が2着なら5000円超は狙えそう。
スポンサーサイト

テーマ:南関東競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年帝王賞回顧~さらば雷神~ | HOME | ついてない男>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |