ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年帝王賞回顧~さらば雷神~

☆帝王賞予想結果☆
◎コパノリッキー………2着
○ワンダーアキュート…優勝
▲ニホンピロアワーズ…4着
△ソリタリーキング……3着
△シビルウォー………5着
△ムスカテール………6着

 99%の人は中央馬で決まると思っていたでしょうし、実際に上位6頭を中央馬が独占。しかし買ったのはGI連勝中で1人気のコパノリッキーではなく、もどかしいほどの惜敗を繰り返していた3人気ワンダーアキュートでした。逃げるニホンピロアワーズ、2番手コパノリッキーをマークするような形から、直線力強く抜け出して、一昨年のJBCクラシック以来のJpnI2勝目を挙げました。2着にコパノリッキー。ニホンピロアワーズはソリタリーキングにも交わされて4着。兵庫の雄・オオエライジンは4角過ぎで故障発生。予後不良。合掌。

 展望では3単と書いたのですが、MIXIのつぶやきなどに後から書いたように、実際には3複を厚く買う形にしました。コパノリッキーが取りこぼすおそれもなくはないことと、抜けた1人気馬をアタマに据えてもリスクが増すばかりでリターンが見合わないからです。これ、馬複と馬単でもいえると思います。2倍を切るような人気馬をアタマに据えて、少しでもウラを抑えるなら、最初から馬複を厚めに買ったほうが無難だろうと思います。基本的に負けない馬券を考えるから、そう思うのかもしれませんが。

 ワンダーアキュートは展開が最高だったと思いますし、ユタカの談話にもあったように状態面も最高だったのだろうと思います。元より地力上位は明らかであり、やっと再び順番が回ってきたのかなと思います。馬場を問わず、コースを問わず、距離も問わず走れる馬。兄・ワンダースピードも8歳暮れの名古屋GPを勝っていますし、弟・アキュートも少なくともあと1年は一線級でやれるでしょう。衰えはまだ感じられません。一方で、1歳下のニホンピロアワーズはやはり徐々に衰えている感じが否めない。

 コパノリッキーは初のナイター、初の2000がどうかと思いましたが、2000をこなせはしてもベストはマイルなんだろうなあと感じました。距離適性でいうとかつてのブルーコンコルドのような感じでしょうか。南部盃はともかくJBCではどうですかね?秋にはホッコータルマエも戻ってくるでしょうし。ソリタリーキングは湿ったダートでは崩れないですね。早い時計のダートが向いているのかもしれません。シビルウォーはローテも良くなかったですが、もう歳かな。ムスカの馬券はまるでゴミのようだ(笑) ま、俺もヒモで買ってましたが。

 兵庫の……というか現在は「地方の雄」と言えるオオエライジンは故障で還らぬ馬となりました。レースを見直すと、ああ、これはもう現役は無理と分かりましたが、一命は取り留めてほしかった。ここ1,2年の地方競馬を牽引してきた馬です。種馬は無理でも、生きてさえいれば、園田や姫路で誘導馬という可能性も無くは無かったでしょう。冥福を祈りたい。フリオーソが去った後の地方競馬中長距離路線を引っ張り、まだ後進も出ていないのに。ここは再来週のJDDで、ハッピースプリントに期待するしかない。
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年宝塚記念展望 | HOME | 14年帝王賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |