ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年宝塚記念展望

 上半期ももうおしまい。早いなあ。上半期の地方競馬は回収率100%をちょっと切るぐらいで好調でしたが、中央競馬の回収率は悲惨。50%をちょっと超える程度。宝塚で奪還するのは難しい。ただ、夏競馬、秋競馬に弾みをつけるためにもビシっと締めて終わりたい。宝塚記念は以外と人気の盲点になる馬が勝ち負けしますね。頭数も多くはないし、メンバー的にも大波乱は考えにくいですが、ちょっとした波乱はあるかもしれません。まずは短評から。

1.ホッコーブレーヴ……前走・前々走と人気薄ながら好走。阪神実績はありませんが、中山も京都も苦にしてませんし、コースの得手不得手はなさそう。目下の充実ぶりを考えると、ここも連下の可能性はある。ただ、さすがにここ2走ほどの人気薄にはならないでしょうね。

2.デニムアンドルビー…ドバイ帰りの前走Vマイルでは7着。阪神はローズS勝ちを含む2勝2着1回。コース実績は十分。牡馬相手でもJC2着の実績もありますし、穴っぽさを感じる一頭です。

3.ヴィルシーナ…前走で1年ぶりの勝利。Vマイル連覇を達成。ただ、鞍上がデビュー2戦で手綱を取った福永になっています。うーん……内田さんで良かったのでは?牡馬相手でまるで実績のない馬ですし、ここは苦戦か。

4.ヒットザターゲット…過去2年のこのレースはいずれも11着。成績を見てもいかにも平坦巧者という印象。阪神で連対したのも未勝利戦だけ。コース適性が微妙ですし、実力・実績的にもここでは見劣ります。

5.カレンミロティック…有馬記念以来2度目のGI挑戦。阪神で3勝していますし、ここ2戦も阪神の重賞で4着2回。距離やコースはベストと言えそうですが、力が足りるかどうか?ただ、安定感のある馬なので、ここでも相手なりに走りそう。

6.ジェンティルドンナ…ドバイSC勝利以来の休み明け。GI6勝はこのメンバーでも一番の実績です。ただ、去年のこのレースは3着といえども完敗でしたし、渋馬場を苦にしています。今日、明日でどれほどの雨が降るか。良馬場なら勝ち負けしていいですが、やや重、あるいは良発表でも去年のように重い馬場では連下までとみます。

7.ウインバリアシオン…屈腱炎で長い休養を余儀なくされましたが、復帰後も以前と変わらぬパフォーマンスを見せています。えらいお馬さんです。コースも馬場状態も距離も問わない。宝塚はここがGI初制覇という馬も少なくないですし、臨戦過程を見てもこの馬が一番順調だと思います。連軸には最適でしょう。

8.トーセンジョーダン…昨年のJCでは久々に馬券に絡みましたが、その後2戦はパっとしません。阪神が合わないとは思わないのですが、阪神実績に乏しいです。春天馬でJCで激走するジャングルポケット産駒……ジャガーメイルみたいな馬ですね。香港遠征でもするといいのかも。ここは厳しい。

9.ヴェルデグリーン…中山で重賞2勝の中山巧者。ただ、その得意の中山でも暮れの有馬記念では10着に沈んでおり、GIでどうこうというには力不足は否めない。加えて休み明けの一戦というのも不安。ただ、阪神は合ってそうな感じはします。

10.メイショウマンボ…昨年の最優秀3歳牝馬。今年緒戦の大阪杯は大敗でしたが、叩き一変でVマイルは2着。明らかに叩き良化型。今回は前走よりもこの馬としての条件は良いです。関西の中距離が一番良さそう。ただ、メンバーも強化されるだけに、牡馬一線級ともやれるのか、試金石となりそうです。馬場は渋ったほうが面白そう。

11.ゴールドシップ…昨年の勝ち馬でGI4勝の実績馬。ステイゴールド産駒は総じて中山・阪神が向いている印象があります。京都はあまり向いていない。問題はこの馬のやる気ですね。また乗りかわりで今度はノリさん。いやあ、怖い。昨年のような完勝もありそうですし、やる気が出ないまま沈むのもありそう。軸にはできない。

12.フェイムゲーム…ダイヤモンドS勝ち馬。春天は6着。阪神は初めてですが、中山巧者ですし、前走で輸送も苦にしてないので、コースは問題なさそう。相手関係だけだと思いますが、現状、兄・バランスオブゲームの域にも達していないと感じますし、その兄でもGIを勝てなかったと思うと、ここは苦しいんじゃあないですかね。


 ◆チェックポイント(連対馬)◆
・8歳以上馬……トーセンジョーダン
・混合GIでの連対のない牝馬……ヴィルシーナ、メイショウマンボ
・重賞勝ちがない……ホッコーブレーヴ
・中2ヶ月以上……ジェンティルドンナ、ヴェルデグリーン
・前走・GIII以下で4着以下……カレンミロティック、トーセンジョーダン

 残ったのは、デニムアンドルビー、ヒットザターゲット、ウインバリアシオン、ゴールドシップ、フェイムゲームの5頭。

 軸は素直にウインバリアシオンでいいと思います。天敵・オルフェーヴルが去った今、苦労したこの馬に最大のチャンスが回ってきた。2人気以下になるようならなお良い(笑) 問題は相手探し。ヒットザターゲットはコース不向きで面子も強い。フェイムゲームも強調材料に乏しいので軽視したい。

◎ウインバリアシオン
○ゴールドシップ
▲ジェンティルドンナ
△デニムアンドルビー
△メイショウマンボ
△ホッコーブレーヴ

 3連複◎ー○▲ー△の6点。◎○▲の3複なら6倍前後のようです。でも、それは配当面もありますが、ゴールドシップとジェンティルドンナが一緒に好走するというイメージがわかないので買いません。この組み合わせなら少なくとも15倍はつくようですね(前日正午過ぎのオッズ)
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『時間差』 | HOME | 14年帝王賞回顧~さらば雷神~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |