ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『渓流の唄』

『渓流の唄』

携帯の電波も届かぬ山の奥

目の前にあるのは

深緑の山と清らかな渓流

釣りに興味はないけれど

思わずさおを振りたくなる



まぶたを閉じれば

渓流の流れる音はBGM

鳥達のさえずりは子守唄

このまま横になるのもいいかな

そんなことを自ずと考えてしまう



特別なものは何もない

そこにあるだけの自然

あおい空気を深呼吸すれば

ただ、それだけで満たされた



2014年7月1日作
2014年7月6日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ある日の指導 | HOME | 詩想と山奥>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |