ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年サマーチャンピオン~地方馬の意地~

★サマーチャンピオン予想結果★
◎ガンジス………………4着
○エーシンビートロン…優勝
▲タガノジンガロ………3着
△タイセイファントム…5着

 人気はガンジスとエーシンビートロン。まあ、勝つのはこのどっちかだろうと◎○をアタマにした3単で勝負して、実際にエーシンビートロンが5馬身差の圧勝だったのですが、2着に名古屋の4歳牝馬ピッチシフターが食い込んでハズレました。1人気のガンジスは2,3着争いで地方2頭に先着されて4着。5着にタイセイファントムという波乱の結果となりました。今年は地方馬が健闘するレースがここ数年と比べて多いような気がします。

 正直、ガンジスは好走はしても1年半以上勝ってない馬ですし、絶対の信頼はしてませんでしたが、馬券圏外に飛ぶのは予想外でした。去年はこの後のオーバルスプリントでも5着に沈んでいましたし、地方は合わないのかもしれません。小回りが合わないのか砂が合わないのか分かりませんが。逆にタガノジンガロは準OPでアタマ打ちでしたが、園田移籍で覚醒。地方は向き不向きがあるなあと改めて感じました。

 エーシンビートロンは8歳にして重賞初制覇。この馬、デビューはアンライバルド、リーチザクラウン、ブエナビスタ、スリーロールスの次の5着でした。「伝説の新馬戦」の5着馬。ますます伝説が強化されました(笑)8歳の割には使われていませんし、血統のせいでしょうか、8歳にして成績は上向いていますね。手薄な面子だったので、この圧勝をもってGIでどうこうとは言えませんが、グレードレースをにぎわす存在になるかも?

 ピッチシフターは5人気でしたが、4人気までは単10倍以下。この馬は41倍の穴馬でした。しかし改めて戦績を見ると、今年のかきつばた記念で4着、去年のJBCレディスで5着、2歳時ですがエーデルワイス賞で2着と交流でも崩れていなかった。正直、気にはなっていたのですが、手を広げるとガミってしまうので、まあないだろうと甘く見たのが大失敗。この馬に完勝しているエーシンサルサが中央馬と走るのをみたいですね。

 地方2頭が馬券に絡んだこと、とりわけ交流勝ちもあるタガノジンガロにピッチシフターが先着したことで、秋の牝馬グレードレースが面白くなってきそうです。絶対女王に君臨するかと思われたワイルドフラッパーがよもやの完敗を門別で喫し、牝馬戦線がにわかに混沌としてきたところで、ピッチシフター、エーシンサルサの活躍。俄然、JBCレディスが楽しみになってきました。今年のJBCは盛岡と近場ですし、これは現地に行かねばなー!
スポンサーサイト

テーマ:レース回顧 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年札幌記念展望 | HOME | めめんともり>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |