ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

名馬、名種牡馬、名調教師よ、さようなら。

フサイチコンコルド天国へ 96年ダービー馬、21歳/おいらせ・太田ファーム
フサイチコンコルド 天国へ

 1996年の日本ダービー馬・フサイチコンコルドが21歳で亡くなりました。昨年の夏、会いに行ってきましたが、腰が悪くなって昨年の種付けが最後だったようです。去年見たときに食欲はあったんだけどな。腰ではなくて、転倒による骨折で死んでしまったか。冥福を祈るとともに、残された産駒の活躍を期待したい。「和製ラムタラ」と呼ばれ、3戦3勝という最短キャリアでダービーを制したのは記憶に焼きついています。産駒もブルーコンコルド、バランスオブゲーム、オースミハルカら、良い馬を送り出しました。



 記事にあるように「生前は東京都や兵庫県など全国各地から多くのファンが訪れた」そうですが、昨年、太田ファームさんを訪れた際の日記にも書いたように、青森県民はそんなに見学に来てなかったようで(笑) 青森県は馬産地ですが、競馬ファンは多くないのかなあ。パチンコ好きばかりで。牧場の敷地内に墓碑が立てられるようなので、次回、七戸へ見学に行った際には、フサイチコンコルドのお墓参りもしたいと思います。写真は昨年、撮影したフサイチコンコルド。
フサイチコンコルド

 昨年は七戸種馬場にも行きましたが、ロドリゴデトリアーノも先日、亡くなってしまいました。ロドリゴは海外の競走馬でしたが、日本国内でフサイチコンコルドと同じぐらい、活躍馬を輩出しましたね。競馬ファンには馴染みのある種馬でした。実績のある種牡馬ながら、北海道で需要が少なくなってきた名馬かつ名種牡馬がたくさん青森県へやってくることを望みます。種牡馬として実績ある馬なら、青森の馬産の起爆剤になってくれるかもしれませんしね。それこそダンスインザダークとか青森に来ないかね?

ロドリゴデトリアーノ


 馬と一緒に書くのもなんですが競馬関連なので。先日、船橋の川島正行調教師が亡くなられましたが、謹んでご冥福をお祈りします。船橋、南関にとどまらず地方競馬を代表する調教師でしたから、船橋所属、南関所属馬の活躍に大きな影響がありそうです。社台の地方馬も多く受け入れていましたしね。しかし、一番困るのはぼっちゃんだろうなあ。オヤジさんのいい馬がまわってこないとなると、騎乗馬の数も質も減ってしまいそうですね。まあ、それは別にいいのですが(笑)
スポンサーサイト

テーマ:競馬コラム - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年オーバルスプリント回顧~ダート界の過渡期~ | HOME | 徒然長月日記>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |