ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『恋のボクサー』

『恋のボクサー』

同じリングに上がったら

一目でやられることもある

キレのある一撃で

心をキューンと貫いたり

些細なことの積み重ねでも

ジワリジワリと効いてきて

身も心も恋のマットに落ちたりする



勝ったときには

相手がチャンピオンじゃなくても

自分自身にとってのタイトル奪取

負けたときには

もう二度と戦うものかと思うけれど

いつもきっちりと減量をこなして

次のリングへ向かっていた



しかし、それも数年前までの話

ここ最近は試合を行っていない

自分が現役なのか疑わしく思える

リングへ上がる意志はあるけれど

対戦相手がなかなか見つからない

今となっては、負けることは怖くない

二度と試合ができないことが怖いんだ



2014年9月9日作
2014年9月14日ラジオNIKKEI『私の書いたポエム』放送分
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<かぶった! | HOME | 14年オーバルスプリント回顧~ダート界の過渡期~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |