ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年ローズS/セントライト記念回顧

 久々にWINSつがるにまで出張って買った馬券でしたが、セントライト記念もローズSもヒモ抜けで爆死……ぐはあ!!即PATのIDやPASSがわからなくなったために、WINSへ行ったのですが、WINSでスマホから出走表を見ようと思ったら、なぜかネットにつながらない。スマホの調子がおかしいんですかね。

 メインレース後だったので、隣に置いてあった新聞を拝借して、マークシートを塗っていたら、新聞の持ち主は帰宅したわけではなく、ただ、お茶を取りに行っていただけでした(笑) で、申し訳ないながらもセントライト記念のページも見させていただいて、無事にマークシートを塗り、馬券を買って、そして昨日ハズレました(笑)

 新聞の持ち主のおっちゃんと4,5分雑談。馬券売り場や喫煙所などで、見ず知らずの人と話が弾むことがたまにあります。競馬も喫煙も世間体のいいことではないから、仲間内での連対勘……もとい連帯感は強くなるのかなと思ったり。俺はハズレたが、おっちゃんが当たってることを願う。イスラ頭の馬単って言ってたから取ったろう、たぶん。

★セントライト記念予想結果★
◎イスラボニータ………優勝
○ショウナンラグーン…8着
▲タガノグランパ………3着
△ワールドインパクト…10着
△クラリティシチー……11着
△サトノフェラーリ……13着

 圧倒的人気の皐月賞馬イスラボニータは、人気どおりの完勝。ここでは格が違っていた。外れるとしたら人気・実績どおりにトゥザワールドが2着だろうと思っていましたし、覚悟もしてましたがその通りになってしまいました(笑) 3着に不人気ながら推していたタガノグランパ。もう少しだったのになあ。1000万勝ちのあった3人気のサトノフェラーリはいいところなく大敗でした。

 イスラボニータはやはり抜け出すときの一瞬の脚がキレますね。あのキレは長く続かないと思いますが、先行馬なので別段問題はない。陣営は春の借りを返したいの談話も残しているので、秋天ではなく菊へ向かうのでしょうね、おそらくは。3000がベストとは思いませんが、これまでの走りからすればこなせないことはないでしょう。見ていて安心感があります。

 トゥザワールドは川田自身も語っていたように、皐月賞と同じような負け方。重馬場にでもならないと逆転の目はないような気がしますね。今回は上がりのかかる展開でしたがまたも完敗。来年はどこかで一度、ダートを使ってほしいな。母、おじ、おばからすれば、ダート巧者の可能性もあると思うので。

 それにしてもタガノグランパは異常に人気なかったですね。重賞馬で前走ダービー4着馬なのに、この面子で10人気。距離が不安視されたのかなあ。ふざけたオッズを見返すだけの走りは見せてくれたと思いますが、もうクビほど伸びてくれれば言うことなかったです。それで俺は救われたのですが……ぐはっ!優先出走権も取ったし、菊にも出てくるでしょう。で、距離が……とかで再度不人気であることを期待する。

★ローズS予想結果★
◎ヌーヴォレコルト…優勝
◎レッドリヴェール…6着
△サングレアル………9着
△ブランネージュ……4着
△レッドオリヴィア…7着

 こちらも春のGI馬が2人気ながら、貫禄の勝利。ハープスターと再戦まではオンナ馬には負けられないところ。牝馬二冠へ視界良好。ただ、人気を分けたレッドリヴェールはなだれ込んだだけの6着と完敗。2着には前走で未勝利を買ったばかりのタガノエトワールが突っ込んで、馬券は波乱となりました。3着はハナ差でリラヴァティがブランネージュに先着。

 2強の1角コケという見立ては良かったのですが、1角を崩すのがタガノエトワールなんて夢にも思いませんでした。これは買えない。むしろ2着リラヴァティで、3着ブランネージュのほうが猛烈に悔しかったろうから、気持ちを切り替えて、明後日の日本テレビ杯の予想を向かいたいところです。

 レッドリヴェールはステイゴールド産駒にしばしば見られるスランプ期なのかもしれませんし、あるいは……というかやっぱり戸崎で結果が出ていたのに、なぜか福永に換えたのがマズかったんじゃないですかね。鞍上弱化。エージェントがらみでの鞍上交代だったのかな。なんだか釈然としないですね。

 菊はともかく秋華賞はヌーヴォレコルトで断然という雰囲気になりました。結果はフタをあけなきゃ分かりませんが、本番もヌーヴォレコルトからヒモ荒れとかのような気がします。実績断然のヌーヴォレコルト以外は横並びで大混戦という印象の牝馬戦線です。


 
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年日本テレビ盃展望 | HOME | 14年ローズS/セントライト記念展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |