ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年日本テレビ盃展望

 今日は船橋競馬場でJBCクラシックの前哨戦・日本テレビ盃が行われます。昼間の条件戦には草野仁さん来場記念、最終レースにはふなっしー来場記念も行われます。去年のかしわ記念のプレゼンターはまさかのふなっしーだったのですが、日テレ盃で草野仁さんを差し置いてふなっしーがプレゼンターってことはないよね……たぶん(笑)

 しかし、まあ頭数もメンバーも寂しいレースになってしまいました。10頭立て。南関からは3頭のみ。7戦連続でビリの9歳馬ケイアイサンダーなどは他地区馬に先着できるかもあやしいし、A2で勝ち負けのサチノシェーバーも中央勢どうこうのレベルではないし、距離も1600より1400のほうが良さそう。まして今回は1800ですしね。高知の2頭とトウホクビジンに期待するのは無茶ですし、地方勢で脈があるのはトーセンアレスだけでしょう。3着があるか?というレベルですが。

 中央勢はグラッツィア、グレープブランデー、クリソライト、ダノンカモン。OP特別で連続5着のグラッツィア、GI2勝馬ですが昨秋に戦線復帰してからの1年で精彩を欠くグレープブランデー、春に名古屋大賞典を勝ったもののOP大将のイメージがぬぐえないダノンカモン、となるとJpnI馬で、前走59kg背負ってマーキュリーC2着のクリソライトかなあ。正直、クリソライトもJDD以降未勝利で、前走で久々の連対なので全幅の信頼はとても置けないのですが……。

◎クリソライト
○トーセンアレス
▲グラッツィア
△ダノンカモン
△グレープブランデー

 前走というか3走前のブリリアントSでもクリソがグラに大きく先着しているのと、地方競馬実績が断然で、鞍上が戸崎ですので、クリソライトを連軸としては信用したい。ヒモをBOXにしたらガミりますから、トーセンアレスとの2頭軸3複で。この1年半ボロボロのGI2勝馬やOP特別でも微妙な馬、近走冴えない8歳馬相手なら、トーセンアレスで何とかならないかな。1400もこなしていますが、中央時の戦績や南関移籍後も1900、1600で重賞を勝っていますし、1800ぐらいのほうがいいように思います。

 
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年日本テレビ盃回顧~復活のクリソライト~ | HOME | 14年ローズS/セントライト記念回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |