ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『エキサイティング』

『エキサイティング』

技術の進歩はすごいもので

スマートフォンひとつあれば

馬券は買える、レースも見れる

便利さに十二分に浸りながらも

その便利さは僕から熱を奪っていく



破きたくなるハズレ馬券がない

握り締めたい小銭やお札がない

レースを見つめる同志がいない

発走が迫るにつれた高ぶりもなく

手に汗にぎることも少なくなった



馬券売り場の前の長い列が

見知らぬオヤジの怒鳴り声が

財布の中いっぱいのハズレ馬券が

直接、目の当たりにするすべてが

僕を熱くさせるひとつひとつの要素



馬券の当たり外れは副産物

求めているのは臨場感と熱気

だから数百キロ離れた競馬場へ

年に数度、僕は足を運ばせる

たとえお金や時間がかかっても



ネット銀行の残高の増減よりも

「臨場感」を胸に焼き付けたい



2014年9月22日作
2014年9月28日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分
スポンサーサイト

テーマ:詩・想 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年神戸新聞杯回顧 | HOME | 14年日本テレビ盃回顧~復活のクリソライト~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |