ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年神戸新聞杯回顧

★神戸新聞杯購入結果★
◎ワンアンドオンリー…優勝
○サトノアラジン………4着
▲ウインフルブルーム…13着
△ヴォルシェーブ………5着

圧倒的支持を集めたダービー馬・ワンアンドオンリーが僅差ながらも他馬をねじ伏せて、二冠制覇へ向けて白星発進です。アタマ差2着に京都新聞杯2着でダービー11着のサウンズオブアース、さらにアタマ差3着に2連勝のあとに1000万下2着だったトーホウジャッカルが突っ込んできました。2人気に推されたサトノアラジンは3着から3馬身半はなれた4着、3人気のトーセンスターダムは見せ場なく7着に沈みました。

 ワンアンドオンリーは調教で先着されるなど、本調子とは言えないなかでのレースだと思いましたが、それでもねじ伏せるあたりはさすがダービー馬と言える内容でした。直線入口ではサトノアラジンと併せて、その後はサウンズオブアースに併せる形で、なんというかマキバオーじゃないですが、相手の根性を吸収しながら勝ちきった。そんな内容に見えました。これまでの瞬発力ではなく、根性も据わってるところを見せたと思います。

 サウンズオブアースはダービーこそ崩れましたが、それ以外のレースでは安定感を見せていますし、人気の盲点になっていたのかもしれません。俺も買っていませんが(笑)ワンアンドオンリーがまくっていき、それなりに上がりのかかるレースになったのも良かったような気がします。トーホウジャッカルは上がり馬の勢いをそのままに出しました。上がり最速ですしね。注目の上がり馬はサトノアラジンやヴォルシェーブではなく、トーホウジャッカルだったのか。0.6以上の差というのは決定的だと思います。

 菊花賞トライアルが終わりましたが、勝ったのは皐月賞馬とダービー馬。2、3着も賞金が足りているダービー組が中心で、優先出走権に意味があったのは今日の3着・トーホウジャッカルだけでした。菊花賞は既存勢力が中心となりそうですが、もし穴を開けるなら、トライアルで馬券にならなかった馬ではなく、これから1000万を勝って出走してくる馬だろうと思います。例年、菊の穴となる馬はそういうタイプですしね。スリーロールスやデルタブルース的な。

 オールカマーも買ったのですが、軸にしたサトノノブレスは4角手前から手が激しく動き、手ごたえがあやしくなり、16着に撃沈。勝ったのは2人気のマイネルラクリマ。戸崎騎手は乗れてますね。2着にラキシスが入りました。マイネルラクリマもラキシスも平坦コースが明らかに合っている。サトノノブレスもそうだと思うんですが、あれほど沈んでしまうのはなんで……?マイネルラクリマが今後GIで勝ち負けという絵はまるで浮かびませんが、ラキシスは牡馬の骨っぽいところと走り、何度も好走していますし、エリザベス女王杯でも期待できそうです。Vマイルは結局、距離が足らなかったのだと思います。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年東京盃展望 | HOME | 『エキサイティング』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |