ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年スプリンターズS展望

 いよいよ秋のGI戦線が開幕です。12年ぶりに新潟開催となったスプリンターズSです。しかし……回りが違えば坂もないわけで、どうせ施行条件が全然違うのなら、新潟直1000のスプリンターズSを見たかったというのが本音。別に1200にこだわらんでも良かったと思うんですけどね。

 悪天候になりそうですし、良馬場は望めない。当日未明の段階で既にやや重になっています。重馬場かな……?内回りなので直線も359m。ローカルとしては長いですが、府中や京都のように長いわけでもない。今週、先週を見てもやはり好位抜け出しができる馬が脚質的には魅力あります。

1.アースソニック…昨年の京阪杯馬。まるで人気がありませんが、直1000とはいえ今年、新潟で3着2回と新潟の馬場はあってそう。なおかつ渋馬場巧者です。穴で馬券に絡んでもいいような印象は受けます。

2.ローブティサージュ…昨年は低迷した一昨年の2歳女王がこの夏に復活。適度に時計がかかったほうが良さそうなので、やや重や重ぐらいならちょうどいいかもしれません。目下の勢いから軽視はできない。

3.トーホウアマポーラ…今年のCBC賞勝ち馬。GIIで今年2度負けていますが、着順ほど着差をつけられてはいない。良以外で3度走って3度とも馬券になっている。福永から幸にスイッチしたのもいいんじゃないでしょうか。

4.ガルボ…もう7歳ですが衰えませんね。前走・函館SSを含め、重賞4勝の実績馬。元はマイラーでしたが1200に対応できるところも見せた。ただし、渋った馬場がいいようには見えないです。GIを8度走って、最高が最初のGI挑戦の朝日杯4着。GIではカベもあるように感じます。

5.マジンプロスパー…重賞3勝の実績馬。前走で久々に馬券になりました。ただ、この馬もGIではカベを感じさせています。渋馬場はこなすでしょうが、旬は過ぎているような気がしなくもない。

6.コパノリチャード…春のスプリント王。春も不良馬場を2番手から突き抜けました。昨年のスワンSもやや重で制しています。順調ならこの馬で決まりなのでしょうが、5ヶ月弱の休み明け。春のデキには一歩のようですが、走れる状態ではあるようです。

7.ダッシャーゴーゴー…重賞3勝の実績馬。ただ、前走で1年半の休養明け(ブービー)を一叩きしましたが、一変は厳しいでしょう。それにGIを勝てるチャンスがあったのに逃してきたこの馬が今更勝ち負けとは思えない。

8.アフォード…OP特別は2勝していますが、重賞は9戦して2度の5着が最高。しかも休み明けです。馬場が渋ったほうがチャンスはあるのでしょうが、いかんせん実績不足は否めない。

9.ストレイトガール…前走で初めて2ケタ着順に沈みましたが、包まれて脚をモロに余す形になりました。それまでの実績を考えれば、ここで巻き返してもなんら不思議はない馬です。枠もいい感じの枠ではないでしょうか。

10.マヤノリュウジン…2,3走前でOP特別を連勝。昨年のこのレースで複穴をあけましたが、フロックでもなんでもなかったというところを見せました。前走もセントウルS5着。ただ、近走は追い込んで結果を出しており、馬場や展開が向くかどうか?

11.ハナズゴール…オーストラリアでGI勝ち以来の一戦。ただ、1200は2年弱ぶり。やはりマイル前後がベストじゃないかと思えますし、差しが届く展開と馬場になるかどうか?鞍上の外人さんが不気味ではあります。

12.ベルカント…ここ2走の結果がすべてじゃないでしょうか。現状ではGIにはまだ足らないように思えます。それと人気薄のユタカが一発穴あけるというのもどうにもイメージが湧かない(笑)

13.レッドオーヴァル…近走は安定してます。昨年の桜花賞2着はダテじゃない。ただ、後ろから競馬する馬だけに、馬場状態が気になります。春の高松宮記念も不良馬場で大敗しているだけに。

14.グランプリボス…春はブービー人気ながらも、現役世界最強馬との呼び声もあるジャスタウェイとハナ差の激戦を繰り広げました。渋馬場はこなしますが、休み明けの上、1200を走るのは初めてです。血統的には距離短縮は良さそうですが。

15.ハクサンムーン…短距離王・ロードカナロアに何度も苦渋をなめされましたが、カナロアは既にターフから去り、夏のスプリント女王も回避。この馬自身も前哨戦を2着と叩いて、GI勝利へのお膳立ては整ったと思います。春は出遅れた逃げ馬なのに差してきての5着。馬場も問題ない。

16.セイコーライコウ…アイビスSD勝ち馬。1400では結果が出ていませんが、1200までは問題ない。ただ、骨っぽいところと走ってないので、この面子でどれだけやれるかは未知数な部分が大きいです。

17.サンカルロ…もう8歳。さすがに衰えが隠せない印象です。それでも得意の阪神でなら面子次第で今春の阪急杯のような好走も望めそうですが、新潟でどうですかね?坂のあるコースのほうが実績ありますし、脚質的にも厳しいような。

18.スノードラゴン…高松宮記念では不良馬場を一気に差してきて2着。元がダートを主戦場にしている馬ですし、今回も馬場が渋りそうなのはプラス。伸びてはくるでしょうが、それがどこまでか?新潟内回りで馬券圏内までこれるかなあ。

 正直、かなり難しいです。過去のデータが使いづらいのもありますが、中山は得手不得手が出やすいので予想のとっかかりになるのですが、新潟を苦にする馬というのは多くないでしょうしね。また、前走好走している馬が多いのが難解さに拍車をかけています。

◎ハクサンムーン
○ストレイトガール
▲コパノリチャード
△ローブティサージュ
△トーホウアマポーラ

 馬券はワイド15-2,3、6。各100円計300円買って観戦料として眺めたい。難しいレースで気合い入れて勝負する必要もないかな。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年スプリンターズS回顧~秋もドラゴン強襲~ | HOME | 14年レディスプレリュード回顧~女帝復権~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |