ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年白山大賞典回顧~ハマればモアオバー~

☆白山大賞典予想結果☆
◎グラッツィア…………3着
◎エーシンモアオバー…優勝

 昨日の金沢は完全に行ったもの勝ちの馬場だったので、逃げそうな2頭の単を買いました。実際、予想通りの展開、予想通りの結果になったのですが、単2点買いは上手くない買い方だったなあと後悔しています。途中、グラッツィア6倍、エーシン9倍ほどになっていたので、それなら単2点でいいかと思ったのですが、最終的にはグラッツィア4倍強、エーシン5倍強。ランフォルセは軽視していたので、買った2頭をアタマにしての3単、せめて馬単を買うべきでした。回収すべきレースで大して回収できなかったのはマズかったなあ。当たるには当たったのですが、悔しさのほうが大きい。

 エーシンモアオバーは馬場の恩恵もおおいにありましたし、グラッツィアも競ってこなかったので展開も向きました。ただ、それでも昨年のJBCクラシックでホッコータルマエが出したレコードを更新したというのは立派。もう8歳の暮れですが、ハマればこれぐらいの面子でも勝ち負けできるのを示したのは大きい。賞金的にはJBCクラシックにも出られるでしょうが、この馬のローテーション、実力を考えると例年通りに浦和記念→名古屋GPではないでしょうか。坂があり、広い盛岡コースが合ってるとはとても思えませんしね。そもそも相手が強いですし。

 エーシンが快調に飛ばし、逆に追走していたグラッツィア、サミットストーン、ソリタリーキングのほうが苦しくなってしまいました。サミットストーンは鞍上がコースを熟知しているし、馬自体も走りなれていたというのもあるんですが、ついに交流重賞で連対。これぐらいの面子には慣れてきたのかもしれません。次は浦和記念でしょうか。JBCを使えとは言いませんが、南関の交流重賞には出走していってほしいですね。馬場貸し状態ばっかりでは、ファンの目線も冷めてしまうので。グラッツィアは2番手でしたが、最後はバテてしまいました。前走、今回と3着で賞金を加算できなかったのは痛いかもしれません。そのうち順番は周ってきそうですが。

 ソリタリーキング、ランフォルセは脚質的にあの位置取りは予想通りですが、昨日の馬場ではあの位置からでは勝ち負けできない。結局、3,4角の位置取りと着順は2,3着が入れ替わっただけでした。ソリタリーは結局、こんなものなのでしょうね。毎度書いていますが、兄・サカラート並み。JpnII、IIIでも1人気にきちっと応えられるほど抜けているわけでもない。来年も今年のような成績じゃないでしょうか。ランフォルセは事実上の最下位。おそらく例年通り、エーシンと一緒に浦和記念へ向かうのでしょうが、昨年は勝っているレースです。浦和記念でもエーシンやサミットらに離されるようなら、さすがに終わりかなあと思います。

 時期的にJBCの前哨戦的な位置づけ(優先出走権はない)ですが、今年はこのレースからJBCへ向かう馬はいるのかなあ。賞金的には出走の目もあると思うのですが、向かう馬はいないかもしれませんね。それに向かってもホッコータルマエ、ワンダーアキュート、クリソライトら相手にはどうもならなさそう。
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<「英語より先に 国語教育充実を」 | HOME | 14年白山大賞典展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |