ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年南部盃回顧~ベストの飛躍~

☆MCS南部盃予想結果☆
◎ベストウォーリア……圧勝
○ポアゾンブラック……2着
▲キョウエイアシュラ…4着
△アドマイヤロイヤル…3着

 圧倒的1人気のベストウォーリアが、2人気で逃げるポアゾンブラックをガッチリとマークして、直線で並びかけると坂もなんのそので突き放して4馬身差の圧勝。人気に応えて初のJpnI制覇となりました。勝ち馬には突き放されたものの、ポアゾンブラックが2着を確保。3,4着に道中、好位に位置したアドマイヤロイヤル、キョウエイアシュラ。追い込んできたナガラオリオンが5着で、掲示板は案の定、中央勢が独占。地方馬最先着は6着のナムラタイタンでした。ナムラタイタンも地方馬って感じがしませんが(笑)

 ベストウォーリアの2番手というのに、勝利騎手インタビュアーの方は驚いていたようですが、展望でも書いたように戸崎は前目の競馬をするだろうなあと思っていました。近走こそ差す競馬をしていましたが、先行しての競馬もできる馬ですしね。地力の違いをまざまざと見せ付けました。今後、どこを使ってくるのか気になるところです。優先出走権も得ましたし、JBCクラシック/スプリントのいずれかを使ってくるのでしょうか。2000と1200なら、1200のほうが向いてそうな気がしますし、スプリントのほうが面子も手薄で勝機も十分じゃないでしょうか。まだ4歳。今後のダート界を担う馬になってほしい。

 ポアゾンブラックも勝ち馬にマークされながらも危なげなく2着確保。元々、園田で王道路線を走っていた馬ですし、地方競馬への適性の高さを改めて示したと思います。賞金を上積みできたのも大きい。暮れの兵庫GTで古巣へ参戦というのも見てみたいところです。交流重賞なら勝つチャンスも遠からず巡ってきそうです。一方、アドマイヤロイヤルは過去2年よりも明らかに軽い面子でしたが、やっぱり伸びきれずの3着。伸びずバテずキレず。キョウエイアシュラがそんなアドマイヤロイヤルに多少置かれたのは、やはり1600は微妙に長いのだろうと思います。ナガラオリオンは脚質が地方向きではないような。最後はいい脚見せてましたが。

 もう一頭の中央馬グレートチャールズはビリ。OP勝ちもなく中央馬では一番の格下ですが、ビリって……。故障してないといいんですけど。ナムラタイタンは久々というのも響いたと思うのですが、岩手の競馬に馴染んでしまい、この流れでもキツかったのかもしれません。それと8歳の暮れですし、衰えもあるのかもしれませんね。むしろコミュニティのほうが見せ場たっぷりでした。コミュニティはまだ4歳。まだ伸びしろありそうですし、ナムラタイタンの岩手トップの座も長くはないのかも?
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タンメンと上京 | HOME | 14年南部盃展望/毎日王冠回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |