ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年秋華賞展望

 今週のメインレースは牝馬三冠最終戦の秋華賞です。桜花賞馬はフランス遠征のため不在。2歳女王とオークス馬は出走していますが、前哨戦で激突し、オークス馬が完勝。オークス馬・ヌーヴォレコルトが2冠牝馬になるのかが注目。GIですので短評も書きたいと思います。

1.ブランネージュ…オークス5着、ローズS4着と安定感があります。京都では1-1-1-0と3着を外していません。先週の馬場は前残り傾向が強かったですが、今週も同様なら連下のチャンスも十分でしょう。ただ、決め手に欠ける感もあり、アタマまでは厳しいか。

2.レーヴデトワール…レーヴドスカーの仔は安定してOPまで上がってきますね。紫苑S勝ち。不良馬場にも対応しましたし、どこからでも競馬ができる器用さがあります。前走よりも桜花賞5着、1000万で4着という部分を評価したい。例年の紫苑S組はほぼ用なしですが、今年は新潟開催だっただけに例年と同じには扱えない……かも?

3.バウンスシャッセ…フラワーC勝ち、オークス3着。皐月賞、函館記念と果敢に牡馬や古馬に挑戦しましたが跳ね返されました。紫苑Sも12着。能力自体は高いものがありそうですが、調子がどうなのか?それと坂のあるコースのほうが向いてるんじゃないでしょうか。

4.ヌーヴォレコルト…オークス馬。秋もローズSを完勝で好発進。京都コースを走ってないのは若干気になりますが、前につけて34秒弱の上がりを出せればまず崩れないと見ます。鞍上もGI請負人の岩田。四角はなさそうです。何よりハープスター不在というのは大きい。

5.マーブルカテドラル…2歳時は良かったのですが、尻すぼみの戦績。母も早熟でしたし、もう打ち止めなのかもしれません。

6.ショウナンパンドラ…紫苑S2着。例年ならこの組は不要と思いますが、今年は新潟開催ですし、レーヴデトワールを買うのなら、この馬もセットで抑える必要はあると思います。京都、新潟で連を外していませんし、平坦巧者なのかも? ただ、やけに人気しているのは嫌な感じではあります。

7.ディルガ…ここ3走の戦績を見ると買う気が失せそうです。キレがなさ過ぎる。前付けしても、後ろの馬はおろか前の馬同士でもキレ負けしそう。だからダートを試したんだと思いますが、それもダメだった。でも、どちらかといえばダートのほうが向いているように思います。

8.レッドリヴェール…2歳女王。桜花賞でもハープスターに肉薄し、のちのオークス馬には先着。ただ、ここ2走が今ひとつです。瞬発力もありますが、それが活きるのは他馬が苦にする分、直線坂のコースのような気もしますし、今はステ仔特有の停滞期のような気もします。これで打ち止めではないと思いますが……取捨難解。 あとは戸崎で結果を出していたのに、福永に変えたら走らなくなったのがどうなのか。

9.アドマイヤビジン…この馬も尻すぼみの戦績ですが、どうも平坦巧者のような印象もあります。それと距離を伸ばしたら戦績悪化している。1400、せいぜい1600までの馬なんじゃないですかね。前走が負けすぎですし、一変までは望めないでしょう。

10.マイネグレヴィル…フラワーC2着(同着)、紫苑S3着。10走もして、34秒台の上がりが一度もない。というか36秒だの37秒の上がりが多い。渋馬場巧者で力馬。日曜が重馬場なら面白そうですが、天気予報を見ればパンパンの良でしょう。無理。

11.ペイシャフェリス…桜花賞、オークスともに大敗。しかもそのオークス以来のぶっつけ。この馬もキレがなさそうです。馬場が向かないんじゃないでしょうか。そもそも地力も足りなさそう。

12.タガノエトワール…ローズS2着馬。未勝利勝ちからいきなりGII2着で連穴炸裂させてのGI参戦。この馬はかなりのキレがあったようです。オークス馬以外の春の実績馬に先着したわけですし、侮れない存在ではあります。

13.パシフィックギャル…フラワーC2着(同着)。フラワーCまでは安定していましたが、前走のオークスでは大敗。順調さを欠いていたこともあったかと思いますが、今回もまたぶっつけ。レディスプレリュードにも登録しており、補欠二番手で除外になってます。そういう過程も考えると買う気になれない。

14.サングレアル…フローラS勝ち。おなじみビワハイジの仔です。ここ2走を見ると一線級相手だと荷が重いのかなあとも思いますが、今回も戸崎が乗ってくれるので、血統と鞍上で期待でしょうか。実績もこの面子では上位でもありますし。

15.ハピネスダンサー…うーん、OPでは馬券になっていませんし、渋馬場では好走している。新馬で33秒の上がりも出していますが、本質的には力馬って感じは否めない。強調材料に乏しいですね。

16.オメガハートロック…2戦2勝のフェアリーS馬。と書くとすごそうですが、骨折休養明けの一戦。陣営も「このあと変わってくれれば」と叩きであることを認めてます(笑) ベリー騎乗も不気味ですが、さすがにいきなりではどうですかね?これで2,3着にでもなれば相当の馬。

17.リラヴァティ…10戦してますが、桜花賞(9着)以外は、すべて4着以内と安定感抜群。前走のローズSも不人気でしたが粘りこんでの3着。今回も前回並みの人気なら狙う価値は大きい一頭だと思います。馬場や脚質的にも向きそう。なんかヌーヴォレコルト以外、微妙な馬ばっかりですしね。

18.セウアズール…9人気で500万を勝っての参戦。休み明けで馬体を大きくして勝つというのは、成長も伺えますし、秋になって身が入ったのかもしれません。それなりにキレもありそうですし、今年の面子ならこの馬でもそれなりにやれるかも?

 昨年は外れましたが、消去項目自体は合っていた(買い方がダメだった)ので、今年もそのまま流用です。

◆チェックポイント◆
・前走・ローズSで6人気以下かつ3着以下:ブランネージュ、ディルガ、アドマイヤビジン、リラヴァティ
・前走・紫苑S:レーヴデトワール、バウンスシャッセ、ショウナンパンドラ、マイネグレヴィル、ハピネスダンサー
・前走・クイーンSで4人気以下あるいは4着以下…マーブルカテドラル
・前走・1000万下で2着以下:いない
・前走・500万下…セウアズール
・前走・ダート戦:いない
・前走・1800m未満:オメガハートロック
・重賞に複数回出走して3着内がない:レーヴデトワール、ディルガ、ペイシャフェリス
・重賞未勝利馬の休み明け:パシフィックギャル、ペイシャフェリス
・4~14戦の範囲外:オメガハートロック
・1勝馬:マイネグレヴィル、タガノエトワール、パシフィックギャル

残ったのは、ヌーヴォレコルト、レッドリヴェール、サングレアルのみ。消えすぎ(笑) 今年の出走馬はハープスター不在うんぬん以前に小粒です。1000万下で勝てないまでも2,3着に好走している馬がいれば、狙いたいと思っていたのですが……いません。軸はもうヌーヴォレコルトで仕方ない。単1倍台の圧倒的人気でしょうが、実績、臨戦過程、面子からして逆らうのは無理。ヒモ探し。

 レッドリヴェール、サングレアルは残っていますので、来られても納得なんですが、ヌーヴォレコルトのヒモにレッドリヴェールは妙味がないし、そういうイメージもないので消します。あとは紫苑Sが新潟開催なので、それだけで切っている馬は軽視できない。ただ、着順と消去法、短評を踏まえると、買いたいのは勝ち馬のみ。あとは前走の人気なさすぎで消えてますがリラヴァティも気になります。圧倒的人気馬を軸ですので、ここまでですかね。4-1,2,12,14,17の馬複5点。一番堅いので4-12の9倍前後なので、これでいい。逆に一番つくのは4-17で35倍見当。リラヴァティは好走していいと思うのですが。

◎ヌーヴォレコルト
○ブランネージュ
▲リラヴァティ
△レーヴデトワール
△サングレアル
△タガノエトワール
スポンサーサイト

テーマ:今週の重賞レース展望 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『ともしび』 | HOME | タンメンと上京>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |