ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

『ともしび』

『ともしび』

暗い闇夜を照らし、昼間は隠れて見守る

そんな優しく輝く月のようになりたい

たとえ、それは大それた願いだとしても

せめて、誰かの傍らのともし火でありたい



風に揺らめくロウソクの火でも

心の導火線へと点火はできるんだ

導火線の導くままに駆け抜ければいい

いつかあなただけの花火が闇夜に咲く



2005年9月19日作『灯火』
2014年9月19日改題および大幅加筆修正
2014年10月19日ラジオNIKKEI「私の書いたポエム」放送分
スポンサーサイト

テーマ:自作詩 - ジャンル:小説・文学

ねぶの詩集~他選集~ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年秋華賞回顧~内からスルスルパンドラ~ | HOME | 14年秋華賞展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |