ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年天皇賞・秋展望

 今年の天皇賞・秋は現地観戦しますが、どうも天気がぱっとしないようだなあ。というか、上京期間中ずっとぱっとしない天気予報になっています。11月3日(文化の日)は晴れの特異日だったと思うんですが残念です。それはともかく天皇賞。雨と言ってもそう強く降るわけではなさそうですし、超絶に水はけのよい府中の馬場なので、パンパンでないにしろ良発表もありえますが、金曜の午前の段階(というかこれ以上あとに書いてるヒマがないw)ではやや重ぐらいを想定しています。

 ◆チェックポイント◆
・前走・ダート……いない
・前走・GIII以下……マーティンボロ
・前走・京都大賞典で8着以下……いない
・前走・それ以外の重賞で6着以下(ただしGI馬は除く)……ダークシャドウ、サトノノブレス、ペルーサ、カレンブラックヒル、アスカクリチャン
・3歳馬でクラシック連対がない……いない
・6歳以上で前走2着以下……ヒットザターゲット、ダークシャドウ、ペルーサ、フラガラッハ、トーセンジョーダン、アスカクリチャン
・GI未勝利かつ府中芝連対歴がない……ヒットザターゲット
・GI馬以外で中3ヶ月以上……デニムアンドルビー

 残ったのは、ジェンティルドンナ、スピルバーグ、エピファネイア、ディサイファ、フェノーメノ、ラブイズブーシェ、イスラボニータ、マイネルラクリマの8頭。

 少しでも馬場が重くなるようならジェンティルドンナは連まで来られないと見ています。ここ2年の宝塚記念がそうでしたし、そもそもが不良のデビュー戦で、その後掲示板に載ることすらないエーシンフルマークとやらに負けちゃう馬ですので。エピファネイアは時計が出ているようですが、休み明けが良いとは思えないし、これまでの結果から2000もやや短いようにも思える。何より鞍上・福永が不安すぎる(笑) 馬場が渋るのは向きそうですし、曲りなりにもGI馬ですしヒモかな。

 スピルバーグは格下もいいところですが、休み休み使われても結果を出しており、府中の中距離はベスト。最近、GIから遠ざかっている陣営ですし、ここで勝ち負けできるなら、前走も勝ち負けできるようじゃないとなあとも思います。馬場は問題なさそう。ディサイファもほぼ同じ印象。馬も人も。フェノーメノはJCへ向けた一叩きなんじゃないの?とも思えるし、2000はやや距離が足らん気もしますが、事実、一昨年の秋天は2着なのでノーマークにはできない。

 ラブイズブーシェはこの面子、府中2000はどうですかね?むしろ次週のアルゼンチン共和国杯のほうが合ってると思うんですが。マイネルラクリマは内を引ければ良かったのですが、よりによって大外。オールカマーも秋天との関連性が薄いのですが、今年のオールカマーは新潟開催だったので、それは度外視すべきかも。行きたい馬が他にカレンブラックヒルぐらいしかいませんし、先手を上手くとれれば。枠は気になりますが、ルメールが乗ってくれますしイスラボニータですかね。父フジキセキですし、多少渋るぐらいならこなしそう。器用さのある馬ですし、初の古馬戦でも期待のほうが大きい。

◎イスラボニータ
○マーティンボロ
▲フェノーメノ
△スピルバーグ

 馬場やオッズを考えないとなんとも言えませんが、イスラボニータを中心に考えています。○以下の3頭も絡めます。ただ、消去法で残した何かをつけたすかもしれません。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年JBCクラシック展望 | HOME | 14年JBCレディス&スプリント展望>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |