ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

2014年上京2

 11月3日
 滞在時間はほぼまる2日。あっという間に帰宅の日。昨年のようにGWに上京することもあるでしょうし、そのときは3泊4日か4泊5日と時間をたっぷり取りたい。だんだん身体がついてこなくなってきた……と言いつつ、ホテルをチェックアウトして、まずしたことは聖地……もとい性地・吉原巡礼です(笑) Kくんも同行するかどうか悩んでいたのですが、結局は俺が一人で行く……というかイッた。向かうお店も吉原に来るたび寄っている慣れたお店にしました。吉原といえば高級ソープのイメージが強いかもしれませんが、ここは格安ですし、若い子が多くて、札幌はすすきののコンビニソープに近いかもしれません。

吉原2

 もちろん俺は抜かりなくリサーチしており、指名する子も決めていたのですが、店員が「あまり出店しない子なんですが、今日はたまたまいるんですよー。プレミア嬢なので+1000円なんですが、損は絶対させません」と言うし、確かにこのお店の「神エイト」(AKBかよ?w)にもなっているので、店員を信じて当初の指名予定嬢ではなく、店員オススメの子にしました……結果、失敗した。良いか悪いかといえば、吉原にベテランのテクニックを求めているなら「お値段以上」と言えるのかもしれませんが、俺の求めているのと違うんだよー。俺がマグロ状態になって、ベテラン嬢に有無を言わさず、巧みな舌技で責められるとかは俺の望んだものじゃないんだ……。お仕事感も強かったしね。うあーん!帰りの送迎車で店員に言いましたよ「好みを、需要を確認してから勧めてくれ、頼む」と(笑)

 飲んで、打って、買って、煩悩の限りを尽くしたところで、横浜市鶴見区の曹洞宗大本山・総持寺へ。前日に続いてKくんと合流して、軽く食事してからお寺へGO!例年の公開収録は、昨年のように芝大門付近のホテルが会場なのですが、今回は番組開始40周年ということで総持寺が会場です。なんでお寺?と思われるかもしれませんが、番組のスポンサーが曹洞宗だからです。ちなみに俺もKくんも曹洞宗です。この日の総持寺では鶴見区のお祭りが行われており、親子連れなどでにぎわっていました。京急のゆるキャラや謎のゆるキャラ(鶴見区のキャラ?写真参照)などが徘徊していました(笑) このワニのゆるキャラの目は心からの喜びではなく、子どもらを食べようとしている……などと考えてしまうのは、俺の心が汚れているからですね、たぶん。
京急ゆるきゃら2

 公開収録ではポエムのコンテストもあり、まあ、昨年は最優秀賞を奪取したのですが、今年は何もありませんでした。まあ、わかりきっていたことです。同一人物が連覇したら番組的にマズいですし、そもそも俺の作品のデキが悪いし、テーマにも微妙にズレていたように思いますしね。ゲストにジュディ・オングさんが来られていて、トーク&ライブ。『魅せられて』を含む2曲を聴きました。いや、俺の世代よりも上のヒット曲ですが、有名な曲ですし、圧巻のパフォーマンスでしたよ、さすがに。え、ポエム番組の収録じゃなくて「紅白歌合戦」か「NHK歌謡コンサート」か?と一瞬、思ってしまったほどです。番組終了後に、来賓席へ案内してくださった競馬実況の御大にご挨拶をして、Kくんとともに総持寺をあとにしました。

 あとは食事をして、土産を買って、バスに乗って帰ったのですが、この日の夕食だけ、上京しなくては食べられないものを食べました。ここまでで俺が食べてたのは、飲み屋×2、コンビニのサンドイッチ×2、モスバーガー、松屋の定食ですから(笑) 最後に何を食べたかというと、先日の日記でハマっていると書いた「蒙古タンメン中本」です。都内と埼玉県内にしかないので、せっかくなので本物を食べました(御徒町店) いや、ちょうど夕食時というのもあるんでしょうが、かなり混んでました。我々が並んだときで10人待ちほど、その後20人待ちぐらいになってました。入店するなり鼻をつく唐辛子のにおい。たまりませんな。で、写真がそれです。俺は大食漢なので問題ないですが、それなりに量もありますし、辛いことは辛い(ココイチ5辛レベルぐらい)のですが、俺は気にならない。これはクセになりそうですね。好みがハッキリ分かれる味とも思いますが。

蒙古タンメン中本縮小
スポンサーサイト

テーマ:旅の思い出 - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年JBCクラシック回顧~2000でもリッキー~ | HOME | 2014上京1>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |