ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年浦和記念展望

今日は浦和記念です。中央の一線級はJBCクラシック→チャンピオンズC(旧JCダート)→東京大賞典という王道路線へ向かうので、浦和記念や名古屋GPはJpnIIなのに微妙なお馬さんが集結です。今年は……というか今年もこの面子です。

・エーシンモアオバー(4年連続5回目)
・ランフォルセ(3年連続3回目)
・シビルウォー(2年連続3回目)
・グランドシチー(初)

なんだか来年もグランドシチー以外の3頭は出走してきそうですね(笑) そんな中央の4頭を迎えうつ南関馬は、サミットストーン、トーセンアレス、グランディオーソ、ケイアイサンダー、カキツバタロイヤル、トラバージョの6頭。笠松からタッチデュールも参戦しています。中央馬が微妙だからか、南関馬はなかなかの面子がそろっています。

1.グランドシチー…交流重賞は過去3走していますが、2,3,4着と走るたびに着順が落ちてます。というか2年ぐらい前がピークだったのかなと思わないでもない。主戦の津村ではなく、左さん騎乗なのは勝負に来てるようにも思えますが、脚質的に微妙。それに直線で坂があるほうが良さそうにも思える。

2.タッチデュール…地方限定牝馬重賞なら連穴で一考とも思いますが、中央交流、しかも牡馬相手はさすがに荷が重そう。

3.サミットストーン…前走は白山大賞典2着。ただし中央馬から3,4kgもらいでした。浦和は初めてですが、左回りに問題もないし、前々で競馬ができて、逃げるエーシンを見ながらは競馬がしやすそう。近走からすればエーシン、ランフォルセ、シビルの間に食い込むのは可能でしょう。

4.トーセンアレス…中央はさておき南関で走る際は、大井で冴えず、浦和や川崎で結果が出ています。前走もグラッツィアとグレープブランデーの間に食い込んでます。日テレ盃よりも面子は軽いようにも思えますし、連穴として期待できるような気がします。

5.グランディオーソ…デビューから3着を外したことのない馬ですが、南関重賞ではセイントメモリーの前に2度2着。セイントメモリーがグレードホースですが、セイントメモリーに勝てない馬がここで通用しますかね?左回りは下級条件しか走っていませんし、そもそも2000を走るのも初めて。妙味もなさそうだなあ。

6.ケイアイサンダー…10戦連続最下位。しかも大差のビリばかり。ここも最下位なのは鉄板でしょう。なぜ出てくるのか?(笑)

7.エーシンモアオバー…浦和記念といえばモアオバーさんです。過去4度も走っているのに5→4→2→3着で勝てていません。白山大賞典からというステップは3年連続になりますがどうですかね?人気がないときにアタマで買って、人気のときは抑えまでという印象。南関ですし岩田から戸崎へというのは魅力ですが。

8.ランフォルセ…昨年はその戸崎が乗って勝った馬ですが、今回は三浦。前走も三浦で白山大賞典5着。戸崎は上手い(南関ならなおさら)ということでいいのでは?アテにならん馬なので、三浦でも走るかもしれませんが、アタマまでとは思えない。

9.カキツバタロイヤル…前走が埼玉栄冠賞2着ですが、勝ったマイネエレーナから9馬身差では……。そもそも全盛期でも交流重賞は勝ちきれなかったわけで、衰えを隠せない現状、今年2勝(去年3勝)のヤネに期待するのは厳しい。

10.シビルウォー…岩田騎乗で前走・マーキュリーCは3着。去年の2着馬でもあります。ただ、レース間隔が空いているのが気になります。どちらかといえば叩いたほうが結果が出ているようにも見えます。さほど衰えてないように見えますが、歳が明ければ10歳。どうですかね?

11.トラバージョ…昨秋に重賞連勝したときは、次世代を担う馬か?とも思ったのですが、年が明けたらサッパリです。オープンも勝ちきれず、重賞では大敗。どうしてこうなった?南関重賞でも厳しいのに、老いたとはいえ、中央の重賞常連を相手にどうにかなるとは思えない。

中央4頭とサミット、トーセン、グランの7頭まではチャンスがあると思います。単オッズも割れており、馬券的にはけっこう難解。人気上位7頭になるでしょうが、人気順で決まるとはとても思えない。ですが、短評に書いたようにグランディオーソは左回りにも距離にも不安があるし、交流実績もないので軽視。

◎サミットストーン
○エーシンモアオバー
▲トーセンアレス
△シビルウォー
△グランドシチー

 斤量差が詰まるのはマイナスですが、それ以外にはサミットストーンに気がかりな点はない。中央馬にどれも不安があるのならサミットの好走は普通にありえるし、判官びいきなので、サミットから入りたい。馬券は3複1軸6点で。トーセンアレスが食い込めば配当的にもかなりおいしい。実際、地方馬の好走も多いレースです。まあ、サミット、エーシン、シビルでもガミではないようなので、これでいい。
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年浦和記念回顧~南関馬の上位独占~ | HOME | 14年エリザベス女王杯回顧~また重賞未勝利馬~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |