ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年兵庫ジュニアGP回顧~波乱のじゃじゃ馬~

★兵庫ジュニアGP予想結果★
◎キャプテンシップ………6着
○ウィッシュハピネス……4着
▲トーコーヴィーナス……7着
△トーセンラーク…………3着

 展望で「正直、見るレースだと思う」と書きましたが、見るだけにすれば良かったなあと後悔。オヤコダカはあるいは複穴で一発あるかなとも思いましたが、まさかジャジャウマナラシが完勝するとは思いもよりませんでした。そして、今週も中央馬はダートグレードレースで連に絡めず撃沈。2週連続で中央馬が連に絡めないなんて近年あっただろうか?中央馬が上位独占なんてのは1ヶ月以上連続もザラでしょうが。いやあ、驚きました。そして、ジャジャウマナラシが完勝したことで、2歳戦線がサッパリわからなくなりました。平和賞、ハイセイコー記念を勝ったストゥディウム、あるいは鎌倉記念勝ち、ハイセイコー記念は僅差2着のオウマタイムが上位と考えていいのかな?そんな簡単でもないような気もしますが。

 ジャジャウマナラシはデビュー2戦目ぐらいからずっと見てましたが、小久保厩舎的にもラッキープリンスに次ぐ二番手扱い(鎌倉記念の日の特別に回していた)に見えましたが、両馬ともに重賞では完敗を喫して、俺の評価も世間の評価もガタ落ち。今回の単勝オッズ169.7倍にも表れていましたが、評価をあざ笑うかのごとく2馬身半差の完勝。確か、これが小久保厩舎のグレードレース初勝利になりますよね?勝てそうでなかなか勝てなかったグレードレースですが、まさかの大穴で重賞初勝利。地元の田中騎手に依頼したのも良かったのかもしれません。これで次は川崎・全日本2歳優駿となりますが、森に戻るのかな。あるいは左さんでしょうか。大井や船橋といった走りやすいコースよりも、クセの強いコースのほうが向いているのかもしれませんね。馬群をこじ開けたり、他馬にぶつかってもヒルまない精神的強さがある馬です。

 キャプテンシップはこれまで通りの競馬をしたとは思いますが、あまりにも伸びなかった。4角では絶望的な位置取り。単に脚質的に地方向きじゃないというだけでなく、地方の砂も合わないのかもしれません。地方でもう一戦見ないとわかりませんが。2月までOP特別もないし、負けたとは言え全日本2歳優駿に使ってくるのかな?一方で、中央馬では最先着のトーセンラークは初ダートでも問題ないところを見せましたが、他地区地方馬(しかも地区トップとも言えない)に先着されるようでは、とりあえずは芝路線でしょうか。そもそも重賞を3戦して4,3,3着と好走はしていますが、連対できていないので賞金を上積みできてないので、全日本2歳出走は絶望的ですし。ウィッシュハピネスは1400でも長いのか?と思えるような失速ぶり。うーん。

 と、昨日は夕方に大万馬券が炸裂したわけですが、夜の大井メイン・勝島王冠(SIII)では、3複も3単もこの2倍以上の大万馬券が炸裂しました。地方ファンの今後の期待のホープであるハッピースプリントがJDD2着以来の実戦を走ったわけですが、イマイチ伸びずに5着。しかも、他の実績馬も軒並み大敗で、大波乱となりました。正直、勝島王冠の面子で交流重賞がどうこうと言える馬はいませんでした。休み明けでも、古馬相手でも、ハピスプなら、ハピスプなら、きっと何とかしてくれる(スラムダンクの仙道風に)と思ったのですが、なんともなりませんでした。一叩きされてかわるのかなあ?というか、この結果を受けると、東京大賞典ではなく、年明けの報知オールスターCへまわるような気がします。長い目で見たいですが、長い目で見ているうちに劣化する南関クラシック馬ばっかりですからね、ここ数年。
スポンサーサイト

テーマ:競馬の予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年湯瀬温泉 | HOME | 徒然霜月日記>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |