ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年湯瀬温泉

 もう2週間以上も経ってしまいましたし、需要もないでしょうが、秋田県鹿角市の湯瀬温泉へ行った旅行の備忘録。前々からばあちゃんは湯瀬温泉へ行ってみたいと言っていたし、雪が降る前に、俺も休むヒマがなくなる前に行ってきました。東北道を使えば1時間足らずで行けますが、急ぐ理由もないし、高速だと風景が無味乾燥なので、国道7号、103号経由で行きました。下道でも2時間ほどですね。

 紅葉がちょうど終わった時期だからか、ホテルは空いていましたし、10月と比べると宿泊代金もぐっとお安くなっていてお得でした(笑) ばあちゃんと母が先に温泉に入っている間、フジテレビ系列の番組を見ていました。別に見たい番組があるわけではないけれど、青森県ではフジテレビ系がないので、見慣れぬ番組を眺めるのも、俺の旅情を感じる方法の一つなんです。ローカル番組だとなお良いですね。

 ばあちゃんらが上がってくると、代わって俺が温泉へ。広い温泉ですが、ほかの客なんて2,3人しかおらず、半ば貸切状態。露天風呂もあり、米代川の渓流を眺めながら、川の音を聴きながら、温泉に浸かるのは実に風流なものでした。この日はけっこう冷え込んでいたのですが、それも温泉の良さの引き立てるものでした。ただ、ちょっと熱い温泉のほうが良かったかな。ぬるめでした。

 食事は鹿角牛の陶板焼きや山菜料理、きりたんぽ鍋などでした。どれもおいしかったです。秋田県にきたらきりたんぽは食べなきゃなあ(笑) 俺らは家族旅行でしたが、食事時に周りを見てみると、一人客やカップルなどさまざまでした。思えば俺は一人旅では、ちゃんとした夕食が出るようなホテルに泊まったことがないな。一人旅ではもっぱらビジネスホテルですしね。一人旅のときもたまにはまともなホテルに泊まってみようかな?

 写真は部屋からの風景、ホテルの一角、室内の様子です。紅葉時なら窓からの風景もさぞすばらしかったのだろうなあ。とはいえ、この日(11月半ば)の風景もそれなりにきれいだったと俺は思いました。次に俺が旅に出るのは来春かなあ。受験終了まで、正月を除いては連休を取れそうにないしね。気持ちよく次の旅に出られるように、目の前の指導を頑張っていきますか。

湯瀬ホテル
ホテル内
ホテル室内

スポンサーサイト

テーマ:温泉♪ - ジャンル:旅行

晴れ時々ウツ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年ジャパンカップ展望 | HOME | 14年兵庫ジュニアGP回顧~波乱のじゃじゃ馬~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |