ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年チャンピオンズC展望

 今週のメインレースは第15回チャンピオンズCです。第15回というのはJCダートからの継続の回数でしょうが、コースも名前も変わっているのだから、第1回チャンピオンズCにするべきと思うんですがね……。15回目かどうか知りませんが、コースも距離も(府中開催時)変わっていますので、過去のデータは参考にしづらい。左回りに戻ったからなのか、米国馬も一頭参戦しています。重や不良と時計の出る馬場になった場合は注意したい。ただ1度の米国馬の優勝時は、泥田馬場でしたしね。消去法はできないので、久々の短評です。

1. インペラティヴ…米国馬。3走前に主要GIであるパシフィッククラシック3着があります。米国のダートだから当然でしょうが、持ち時計がかなり速い。重や不良になった場合には注意が必要かもしれません。良だと厳しいんじゃないかなあ。

2. ベストウォーリア…南部盃勝ち馬。左回りのほうが合っていますが、1800でも距離は長いと思います。南部盃はマイルで圧勝でしたが、面子が相当に軽かった。1800は弱面相手ならこなせるかもしれませんが、GIですからね。果たして?

3. クリソライト…ここ3走を見ると、完全に復調した印象です。鞍上が外国人騎手というのも不気味です。ただ、この3走が地方競馬であり、中央の砂でも復調といえる走りができるかはやってみないと分からない。

4. ナムラビクター…いい感じに毎回伸びてくるのですが、もう一押しが利きません。GIではなおさら厳しいような。賞金もあるのだし、地方交流で一度見てみたい馬ではあります。

5. ワイドバッハ…前走は完全にエアハリファが抜け出したのですが、35.7という鬼脚でまとめて差しきりました。あの決め手はここでも通用するものと思います。4走前に中京で負けているのは気になりますが、一発の魅力を感じます。

6. グレープブランデー…GI2勝の実績馬ですが、昨年のフェブラリーS後の故障で、精彩を欠いていましたが、前走で久々の馬券圏内。とはいえ前2頭にちぎられていますし、完全復調にはもう少し時間がかかるのでは?

7. サンビスタ…JBCレディスを制した勢いで牡馬へ挑戦。もとより牡馬相手に準OP勝ちがあるし、OP2着もあります。それで足りる面子とも思えませんが、ラヴェリータやミラクルレジェンド並みに4,5着ならありえるか?

8. ホッコータルマエ…GI5勝の実績馬。ただ、この1年、ドバイ遠征後に休んでいる間に、ダート王の座をコパノリッキーに奪われそうになっています。一叩きされた上積みはあるでしょうし、勝ち負けしていい馬。衰えるにはまだ早い。

9. クリノスターオー…主戦の幸がホッコータルマエに乗るため、乗り代わりですが乗るのはムーア。これは怖い。しかも1年前にムーアが乗って準OP勝ちというおまけ付。ただ、前に行きたい馬が少なくないだけに展開的にどうか?

10. ニホンピロアワーズ…一昨年のJCダート馬ですが、あの頃がまさにピークだったのかなと思います。前走は格下相手に掲示板にも載れずじまい。交流重賞ならまだ勝ち負けできるかもしれませんが、ここではどうか?

11. ワンダーアキュート…年が明ければ9歳ですが衰えは見られない。今年もここ2,3年と変わらぬ成績。むしろ帝王賞でコパノリッキー相手に完勝していると思えば、去年よりも上かも?アタマまでは疑問ですが連下は当然あっていい。

12. ローマンエンパイア…エルムSで久々の勝利。勢いのあるクリノスターオーをねじ伏せた内容は濃かったのですが、それから4ヶ月ぶりと休み明け。鉄砲でも走る馬ではありますが、叩いたほうがもっといい。鞍上の岩田頼み。

13. カゼノコ…今年のJDD馬。JBCクラシックでは中央馬どころか、岩手移籍して、しかも本調子とは言いがたいナムラタイタンに先着される始末。先々はともかく今、ここで通用するとはとても思えない。

14. コパノリッキー…今年に入ってJpnIを3勝。昨春の兵庫CSでベストウォーリアを寄せ付けなかった強さに磨きがかかって復活。前走は2000でも完勝でしたが、ベストは1600だと思いますし、1F短縮はプラス。勢いは一番です。

15. インカンテーション…3連勝中。昨年のレパードSを制した馬が力をつけてGIの舞台に戻ってきました。競馬に幅があるのもいいですね。ただ、ランウェイワルツに勝てるぐらいでGI馬を相手にどうですかね?

16. ダノンカモン…衰えたなと思います。今年に入っても3度馬券になってはいますが、すべて交流重賞ですし、タガノジンガロに負けるし、日テレ盃もクリソライトにぶっちぎられてます。勢いがあったころでもGIに届かなかった馬が、今、通用するとはとても思えない。

◎コパノリッキー
○ホッコータルマエ
▲クリソライト
△ワンダーアキュート
△ローマンエンパイア
△ベストウォーリア
△ワイドバッハ

 目下のコパノリッキーの力を信頼したい。今年GIだけを走って3勝2着1回なのに、単4倍弱。府中や中山の坂もこなしていますし、530kgを越える馬格のある馬です。クリノスターオーの出方次第ですが、おそらくクリノが逃げて、それをマークする形の競馬になるのではと思います。その後ろにホッコータルマエ、ローマンレジェンド、ニホンピロアワーズあたりか?4角で先頭に立って押し切ると見ました。

 相手はホッコータルマエ、クリソライト(というかビュイック)、ワンダーアキュート(というかユタカ)、ローマンエンパイア(というか岩田)、ベストウォーリア(というか戸崎)、ワイドバッハまで。手広く流しても問題なさそうなオッズです。堅いところには厚くして、金額に強弱をつけての馬複流し6点。
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<突撃 | HOME | ありのまま 今 起こった事を話すぜ!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |