ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年全日本2歳優駿回顧

 今月に入って、日記の更新頻度がやけに落ちていますが、この時期は繁忙期なのと、小説「アルスラーン戦記」にハマって、暇なときは読書しているためです(笑) ただ、「アルスラーン戦記」は完結していないし、2部の評価が必ずしも高くないので、1部を読み終わったところで一区切りですね。田中芳樹さんは「銀河英雄伝説」も有名ですが、こちらを読んでみようかな。

★全日本2歳優駿購入結果★
◎タイセイラビッシュ…3着
○ディアドムス…………優勝
▲ワンダフルラスター…4着

 全日本2歳の前まで3開催日で9連続的中しており、10連続的中がかかっていたのですが、2着が抜けて連勝は途切れました。上記3頭の馬複BOXと3複の計4点を買っていたのですが。4角まではどうだろう?せめて馬複は!と思ったのですが、前を行くワンダフルラスター、タイセイラビッシュが止まり、ディアドムスとタップザットと叩きあいながら伸びて、ディアドムスが振り切ってJpnI制覇。地方馬の最先着は5着のパーティメーカーでした。5人気のラッキープリンスは12着に大敗。

 ディアドムスはこれで重賞連勝。そして三浦騎手は待望のJpnI初勝利。華々しくデビューしたのはいいですが、その後はデビュー年ほどの活躍ではなく、重賞にたくさん乗ってはいますが、あんまり勝ち負けにならないという。今回の勝利が一段上のステップへ進むきっかけになるでしょうか。デビューして6年?7年?まだ若いしね。ディアドムスは父がジャングルポケット、母父がアグネスデジタルですから、2歳だけの馬とはとても思えない。来年以降のダート戦線を引っ張る馬になるのか注目です。

 2着のタップザットはよく伸びてきたと思いますが、キャリアが浅いのと小回りよりは広いコースのほうが向いているのかなと思いました。タイセイラビッシュは逃げたワンダフルラスターを捕まえましたが、決め手には欠ける印象。競り合ったら強いんだろうなとは感じましたが。ワンダフルラスターは目標にされる弱みもありましたが、これだけ離されると少なくとも現時点では上位2頭とは力差があるのでしょう。この馬に勝ったキャプテンシップも兵庫ジュニアGPで無残な結果だったしなあ。

 で、その兵庫ジュニアGP勝ち馬・ジャジャウマナラシを破っていたラッキープリンスは今回も地方馬としては最上位の5人気に推されはしたものの、3角を待たずに中央勢についていけなくなり大敗。来年の今頃はB2特別とか走っているのなあ……兄パンパカパーティより上!と思っていたのですが、兄より下なのか?あと1,2走見てみてダメならそれまでかな。それと上記ジャジャウマのほか、オウマタイム、ストゥディウムら南関の今のトップクラスが今回不在だっただけに、中央馬と南関勢との力関係がまだよくわかりません。まあ、中央はこれからさらなる大物が出てきそうですが。
スポンサーサイト

テーマ:南関東競馬予想結果 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年朝日杯FS展望 | HOME | 『大人の仮面』>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |