ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年兵庫GT回顧~またも地方勢の健闘~

★兵庫GT購入結果★
◎ジョーメテオ…………2着
○メイショウコロンボ…優勝
▲タガノジンガロ……4着
△タイセイレジェンド…8着
△サマリーズ……………5着

 展望ではタガノジンガロを本命に書きましたが、3kgも差があるならジョーメテオだな、と思い直し、ジョーメテオから上記の馬への3複1軸流しで買いました。そして軸を変えたのは正しかったのですが、サクラシャイニーにタガノジンガロがクビ差及ばずハズレ。冷静に考えれば、タガノジンガロが3着に着ていても3複は15倍そこそこ。そして、馬複は11.5倍でした。馬複を6点買ってたほうが良かった。3連は紛れがありますし、オッズを考慮して馬複にすべきでした。買い方が良くなかった。

 メイショウコロンボはさして早いペースで逃げていたわけでもないので、ジョーメテオのマクりを振り切って勝利。牝馬重賞では顕著ですが、地方競馬慣れしきった中央馬よりも、多少、格下でも新参の馬が好結果を出すことが少なくない。交流路線は賞金持ちが多く、今回の勝利をもってしてもメイショウコロンボが、今後も交流にすんなり出走できるか分かりませんが、この路線を新たに引っ張っていく馬になれるかもしれません。今回は不在でしたがセイクリムズン的な存在に。

 ジョーメテオは得意の一気のマクリで4角手前ではいったん先頭にも立ちましたが、余力のあったメイショウコロンボに振り切られました。でも、中身の濃い競馬だったと思います。一マクリで押し切れるような小回りは合っている。ただ、直線では1,2着争いではなく、3,4着争いしか見ておらず、ゴールしてから4,5秒後に「ああ、メイショウが押し切ったのか」と気づきました。ジンガロ差せ!差せ!キムタケー!と応援していたのですが、タガノジンガロは4着。ハンデ差3kgが3,4着の差とも思いますが、サクラ騎乗の赤岡騎手はロスなく上手く立ち回っていた。これも大きかった。

 サマリーズはなだれ込んだだけの5着で見せ場も何もなかった。左回りでマイル以下の交流重賞に出たときだけ気をつければいいのかもしれません。セレスハントは休み明けもあるんでしょうが、衰えてしまったなあと思います。そんなセレスよりも2歳下で、JpnIでもあるタイセイレジェンドですが、何も言えない。この馬の後ろには交流重賞どうこう言えない馬しかいませんしね。コアレスピューマと0.3差しかない。もう潮時かなあと感じました。競走晩年のスーニのような印象です。

 
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年有馬記念展望 | HOME | 14年兵庫GT展望&名古屋GP回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |