ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

14年東京大賞典展望

 中央競馬の締めくくりの有馬記念は残念な馬券になってしまいましたが、東京大賞典で巻き返したい。もしも……もしも大賞典が外れてしまっても翌日にはシンデレラマイルがあります。それすらも外れてしまっても、大晦日には東京2歳優駿牝馬もあります。終わり良ければすべて良し。当たるまで買う(笑) 強引に良い終わりにします。

 今年の東京大賞典は興味深いメンバーがそろいました。中央馬は一頭だけ重賞勝ちのない馬もいますが、例年そんな馬はまぎれています。地方競馬で唯一の国際GIレースですが、これまで外国馬の出走はなかったのですが、今回は一頭、米国のソイフェットが参戦しています。勝ち負けはともかく注目は注目。どの程度の着順になるのか?トウホクビジンにも先着されるのか?南関OP級には走るのか?中央馬の間にも割って入れるのか?まさかまさかで勝ってしまうのか?気になる馬ではあります。

南関馬も馬場貸しとしか思えない面子の年が近年多いですが、今年は浦和記念の1,3着馬にJDD2着馬、勝島王冠勝ち馬と出るべき馬が、年明けの報知オールスターCなどに回避せずに出走してきたのはうれしく思います。結果、フルゲートになりました。有馬の負けを大賞典で取り返す!と意気込む俺のようなファンも少なくないのではないでしょうか。では、出走各馬の短評です。

1. キタノイットウセイ…道営記念で僅差2着なので、名前通り「北(海道)」では一等星なのかもしれませんが、中央で新馬勝ち後に500万を勝てず、大井移籍後もC1を勝てない馬がGIで一等星になるとはとても思えません。

2. クリソライト…前走のチャンピオンズCでは直線でまるで伸びませんでした。中央の馬場ではもう通用しないのかもしれません。ただ、地方競馬では近走安定していますし、ここは大きく巻き返していいはず。鞍上も大井を知り尽くし、有馬記念を前日に制した戸崎。期待したい。

3. トウホクビジン…来月で引退だそうですし、無事に周ってきてほしいと思います。来月、地元でラストランでおしまいですかね。グレードレース最多出走馬じゃないのかな。無論、ここで買えるわけはありません。

4. ハブアストロール…正直、前走は展開がハマったのと軽斤量が味方したのが大きいように思います。報知ASCならともかく、この面子ではさすがに荷が重いでしょう。掲示板に載れるようなら、来年への期待が高まりますが。

5. ロイヤルクレスト…今年、函館のOPを2勝。前走は休み明けで大敗。小回りは向いてそうですし、先行力もありそうです。ただ、展開的に厳しそう。この馬も掲示板に載れるようなら、佐賀記念あたりで期待もできそうですが。

6. ホッコータルマエ…前走はJBCクラシックを叩かれて一変。悲願の中央GI初勝利を挙げました。コパノリッキーが出負けして自滅したのも大きいですが、この馬自体、中央GIを勝つだけの地力はあったわけで王座奪還。しかし、真の王者と知らしめるにはここで勝つことが必要。去年の勝ち馬ですし、ここは勝ち負け必至でしょう。

7. コパノリッキー…今年に入ってGI3勝。ただ、前走は出負けして終わってしまいました。すんなりスタートを切れば、巻き返して当然。でも、ベストはマイルでしょう。勝ちきっても納得ですが、4,5着に沈んでも、ああ距離なのかで納得してしまいそう。

8. フォーティファイド…2月に金盃を勝って以降、連対がありません。重賞では掲示板にも載れていない。それ以前の交流重賞をかんがみても、ここで馬券になるとは思えません。

9. トーセンアレス…ここ3戦連続して交流重賞を走って、3,4,4着と健闘しています。ただ、GIIIレベルの中央馬とは互角にやれても、クリソライトにぶっちぎられるようでは、それ以上の格上の馬もいるここでは劣勢は否めない。それに大井では馬券になってないんですよね。小回り向きなんでしょう。ジョーメテオに似ている。

10. ソイフェット…米国馬。準重賞を2勝、一般戦を1勝していますが、サッパリわかりません。来年以降も外国馬が来ると面白いので、そこそこに走ってほしいような気もしますが。

11. シルクメビウス…重賞3勝、JCD2着の実績もまさに「今は昔」。道営OPクラスでも微妙な状態のようです。もうグレードレースでどうこう言える存在ではない。

12. ハッピースプリント…今年の南関2冠、JDD2着馬ですが、久々の前走は5着。いかにも休み明けが響いたなあという内容ですが、さすがにここではどうですかね。JDDの上位馬が中央のOP特別クラスでは好走していますが、重賞には手が届いていない。来年へ向けて期待できる内容(5,6着)なら十分じゃないでしょうか。

13. サミットストーン…南関の大将格。前走で悲願の交流重賞制覇。しかも4角で前詰まり起こしたのに差しきる強い内容。名古屋GPなら好勝負したのではないかとも思います。ここが試金石。地方馬で馬券の可能性があるのはこの馬だけじゃないでしょうか。オッズ次第で連下なら。

14. ワンダーアキュート…8歳馬ながら衰え知らず。帝王賞では旬のコパノリッキーを破ってGI2勝目をあげています。ここも大崩は考えにくい。

15. プレティオラス…中央移籍して3走したのはなんだったのだろう?近年の南関クラシック馬としては頑張っているほうだとは思いますが、交流重賞は過去3戦して掲示板に載れていない。厳しい。

16. ローマンレジェンド…一昨年のこのレースの勝ち馬。昨年は不振にあえいでいましたが、今夏、復帰するといきなりのGIII勝ち、また休みが空いてもGI3着。復調したようです。乗るのは主戦の岩田。老け込むにはまだ早いですし、好走していいはずです。

 普通に考えて、ロイヤルクレスト以外の中央5頭の争いでしょう。そこに浦和記念勝ちのサミットストーンがどこまで食い込めるかどうか。

◎ホッコータルマエ
○コパノリッキー
▲ローマンレジェンド

 いろいろ考えた結果、馬券は枠複3-4,8の2点で。もちろん3連も考えましたが、堅く決まった場合は2連馬券のほうが妙味がまだある。単式を裏表買うよりは複式を2倍買ったほうが美味しい。そして、どうも枠のほうがつきそうなので、枠複2点というシンプルな予想にしました。3連だと紛れるおそれもありますしね。

 今年の展望日記はこれでおしまい。馬券がおしまいになるかはこのレースの結果次第ですが。今年の回収率は75%前後でいたってふつーなものです。普通の人の普通な予想に、今年もお付き合いありがとうございました。買い目はアテになりませんが、短評は参考になったという声も頂きましたし、来年もよろしくお願いします。
スポンサーサイト

テーマ:地方競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<14年東京大賞典回顧~良いお年を~ | HOME | 14年有馬記念回顧~有終の美~>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |