ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年フェアリーS回顧ほか

 今年に入って競馬展望日記も回顧も書いておりませんが、馬券は普通に……というか例年よりやや多いペースで購入しています。3日連続開催の中央競馬も毎日、チビチビと小銭で購入しています。シンザン記念はナヴィオンの複で的中。フェアリーSは1枠流しで玉砕。中山マイルの内枠有利は定説ですし、しかも実績馬が1枠2頭だったので、どっちかは、あるいは両方とも連対するだろうと踏んだら、ああ、3,4着で連対できず。もっとも1枠のいずれかが連対しても、逃げ切ったノットフォーマル(2枠)を買っていないのでどうにもなりませんでしたが(笑)

 この馬自身はもちろん、鞍上の黛騎手も、そしてヴァーミリアン産駒としても重賞初勝利。馬自身の戦績も、血統も、失礼ながら鞍上も、とても買えません(笑)ただ、これまでに逃げたことのない馬ですが、内枠を利して思い切って逃げた鞍上の思い切りが好結果を産んだのかなと思いました。ヴァーミリアンはダートJpnI9勝馬ですが、初重賞は今はなき出世レースであるラジオNIKKEI2歳Sであり、芝でした。芝適性が皆無なわけではなかったし、産駒も芝ダート共にこなせる馬が出てくるのかもしれませんね。黛騎手もこの馬はステップアップのチャンスかもしれません。

 一方、俺が軸にしていた1枠2頭は煮え切らない内容。特にテンダリーヴォイス。前走は先行していましたし、最内なんだから思い切って前へ行ってほしかったのに、包まれてしまいました。直線は上がり最速でしたが、勝ち馬を捕らえるどころか、外からローデッドにも交わされているしなあ。見ていてなんだかモヤモヤしました。そういう意味では4着だったけれど、デムーロ弟の騎乗のほうがまだ納得はできます。好位で前を見ながらという競馬でしたしね。ただ、正直、当たる予感もあまりなかったので、ケンすべきだったなあとも思いました(笑)

 今年の馬券の出だしですが、中央競馬はそこそこ、地方競馬がサッパリなのですが、それでも例年に比べるとマシなほうかなと思います。中央競馬の初的中が根岸Sだの果ては中山記念という笑えない年もありましたから。1月をプラス収支とは言わない。トントンぐらいで終えられたら、今年の馬券収支はかなりいいかな?と思います。例年、1,2月はあんまり当たらないんですよね、俺。


スポンサーサイト

テーマ:中央競馬 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<せいじん | HOME | 表裏一体>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |