ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

「雪だまりから 車を救われて」

 新年早々、各地で大雪が積もった。県内も例外ではなく1㍍前後の積雪となっている。地球温暖化と言われて久しいが、ここ数年の青森県は大雪続きである。国道の除排雪はまだマシだが、県道や市道の除排雪は十分ではなく、片側1車線の道路が交互通行のような場所も散見される。本当に春が待ち遠しい。
 そこまで雪が積もる前の昨年12月中旬の弘前市大沢付近で、私は車での移動中に、雪でタイヤを取られて路肩の雪だまりに突っ込んだ。私の体にも車にも異常がなかったのが不幸中の幸いだった。ロードサービスに連絡して到着を待っていたのだが、道路脇から近所の方がスコップを持って現れた。後続車のドライバーの方も雪にハマった車の脱出を手助けしてくれた。その結果、ロードサービスの到着を待つこともなく、迅速に車を脱出できた。手助けしてくれた方には本当に感謝しています。この場を借りてお礼を申し上げたい。
 寒い真冬の道路上で、人の温かみを感じることができた。困ったときはお互いさまとは言え、素通りされてもおかしくはない。いつか誰かが同様の状態に陥ったときには、今度は私が救助の手を差し伸べたいと思う。

(2015年1月15日東奥日報夕刊掲載分)
スポンサーサイト

テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記

ねぶの投稿マシンガン | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<『HAPPY』 | HOME | せいじん>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |