ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年TCK女王盃展望

 今年、最初の交流重賞であるTCK女王盃が大井競馬場で行われます。今年最初の競馬展望日記でもあります。近5年で地方馬が2勝していますし、地方馬が比較的健闘しているレース……なのですが、8頭立てで中央馬5頭、地方馬3頭の8頭立て。これはヒドい。馬場貸しにもほどがある(笑)しかも3頭のうちの2頭は高知と笠松の馬であり、地元である南関の馬は大井(元中央馬)のレッドクラウディア1頭のみ。うーん。まずは短評から。

1. クロスオーバー…南関OPでさえ通用しないのに、中央馬相手に通用する道理がない。

2. トロワボヌール…6戦連続連対中。前走のクイーン賞で重賞初勝利。勢いもありますし、鞍上は大井を知り尽くす戸崎。ここも勝ち負け必至でしょう。唯一気になるのは、芝も含めてですが、左回りほどに右回りでは走っていない点。杞憂に過ぎないとは思うのですが。

3. レッドクラウディア…一昨年は3着、昨年は10着。南関に移籍して重賞を1つ勝っていますが、グレードレースでは移籍後、掲示板にも載れていない。前走も3着ではありますが、勝ったノットオーソリティにはぶっちぎられている。中央馬の1頭にでも先着して掲示板に載れれば上出来ではないでしょうか。

4. アクティビューティ…結局、昨年は未勝利でしたが、すべて掲示板には載っているし、2着は3度ある。まあ、前からそういう馬でした。一昨年は2着、去年は4着でした。今回も大して人気にならないでしょうが、2,3着の目は十分にあると思います。

5. サンビスタ…昨年のJBCレディスクラシック馬。JpnI馬。前走は中央で牡馬相手のGIチャンピオンズCで4着。ワイルドフラッパーとの勝負付けは済んでいませんが、そのライバルは不在。鞍上はデムーロ弟。正直、デムーロ弟をそこまで信頼できないのですが、馬の実績が断然ですし、勝ち負けでしょう。

6. エスメラルディーナ…昨年の関東オークス馬。ただ、その後のスパーキングレディーCがあまりにもだらしなかったですし、半年の休養明け。この馬が逃げると思われますが、他の中央馬の格好の標的になりそう。鞍上も外人や戸崎から北村宏。そもそもこの馬にマイル以上は長いような気もします。

7. ソーミラキュラス…大井へ移籍して3連勝。中央へ戻ってからも連勝は止まらず3連勝で準OPも一気に突破してOP入り。勢いがありますし、大井実績があるのも強み。一線級相手のここは試金石となります。あるいはアタマまであるのかもしれないし、馬券にならないかもしれない。難しい。

8. タッチデュール…いい馬だとは思います。トウホクビジンが競馬場を去って、ホースケアはこの馬を後継にしたのでしょう(笑)笠松だけでなく園田でも重賞を勝っていますし、クイーン賞4着でもありますし、南関馬相手なら馬券になりうる馬ではあると思います……が、中央の重賞級相手にはなれないでしょう。

 九分九厘、中央馬による決着でしょうし、おそらくはエスメラルディーナ以外の4頭でしょう。そして、アクティビューティのアタマは考えづらい。地方の前日オッズはアテになりませんが、サンビスタ、ソーミラキュラス、トロワボヌールの3頭に人気は集中しています。離れた4人気にアクティビューティ、さらに少し離れてエスメラルディーナ。俺もオッズどおりの判断です。

◎アクティビューティ
○トロワボヌール
▲サンビスタ
△ソーミラキュラス

 人気の3頭が強いなんてのは百も承知。ただ、その3頭で決まるなら馬券の買いようもない。アタマを決めうちして3連単という手もありますが、ハイリスクローリターン。それなら、アクティビューティが1角を崩すことを期待するほうがローリスクハイリターンで良い。鞍上もこれまでの吉田弟から内田さんに代わっていますし、それで前走も結果は出ている。アクティの2,3着に期待!
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年TCK女王盃回顧~女王健在~ | HOME | 週末競馬雑感>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |