ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年フェブラリーS展望

 早いもので2月下旬で、今年最初の中央GI・フェブラリーSです。今年の最初のJpnIである川崎記念は今回も出走しているハッピースプリントからワイドで流して玉砕。早いところ初GI的中といきたいものです。府中ダート1600といえば、スタートしてから100m以上も芝を走る欠k……もとい特異なコースであり、内枠の成績が芳しくありません。芝でも実績ある馬なら問題ないのかもしれませんが。GIですので、今週も出走各馬の短評を記します。

1. ローマンレジェンド…昨年はエルムS勝ち、チャンピオンズC3着がありましたが、東京大賞典は5着。正直、2012年の勢いはもうないように感じました。それとマイルは短いんじゃないかなあ。2013年のかしわ記念(現地で見てた)も弾けなかったしなあ。最内を引いたのもどうかな。鞍上の岩田だけがキニナル。

2. コーリンベリー…JBCレディスのときも感じたのですが、1400以下がベストだと思います。年末とはいえ3歳で古馬OPを制したのは立派と思いますが、重賞勝ちの一つもないのでは、ここでの劣勢は否めない。行くしかない馬ですが、そもそもハナを奪えるかどうか?

3. シルクフォーチュン…重賞3勝の実績馬ですが、2年以上連対していません。末脚も徐々に鈍ってきているような。この人気のこの馬に江田照というのは不気味ではあるのですが、フェブラリーSの着順も年々に落ちてきてますしね。追いきりも微妙だなあ。

4. コパノリッキー…GI3勝の実績はここでは一番。正直、GIとしては手薄な面子でもありますし、前走の東海Sでは格の違いを見せ付けて圧勝。昨年の勝ち馬でもあるし、コース適性は疑いようも無い。2000よりも1600のほうが良いとも思います。追いきりも馬なりでしまい11.9。好調。気になるのは枠。それだけ。

5. カゼノコ…去年のJDD馬。前走の川崎記念は2着。ホッコータルマエと0.1差、サミットストーンを差しきった内容はようやく復調?と思わせる内容でした。使われつつ内容はどんどん良くなっていますし、府中は初めてですが脚質的に合いそう。穴で面白そう。

6. ハッピースプリント…カゼノコがここ2走でホッコータルマエとの差を詰めているのに対して、ハッピーは差が変わらないですね。フェブラリーSで連対した地方馬は3頭いますが、いずれもJpnI馬で、かつ前走のJpnIで3着以内。この馬もJpnI馬ですが2歳戦、前走離されての4着。その辺で過去に連対した地方馬よりも多少見劣る感じがします。

7. グレープブランデー…一昨年のこのレースの勝ち馬。ただし、以後、連対がありません。順調さを欠いているのもありますが、ピークを過ぎてしまったんじゃないかなあ。府中マイルはベストと思いますが、そこそこにしか走ってない。勝ち負けまではどうでしょう。

8. レッドアルヴィス…昨年のユニコーンS勝ち馬。前走でOP特別勝ち。ただ、鞍上が大幅に弱化。ここが試金石となりそうです。人気がなければ狙っても良さそうですが、人気では買いたくないなあ。

9. サンビスタ…ダート女王。前走のTCK女王盃でも牝馬同士では敵なしをアピールしました。その前のチャンピオンズCでも、前残り決着の中で追い込んで4着。乗るのは引き続きデムーロ弟。チャンピオンズCよりは面子もやや薄いですし、馬券になってもいいんじゃあないでしょうか。追いきりでも馬なりでキャトルフィーユと併入。時計も出ていますね。

10. ベストウォーリア…昨年の南部盃馬。ただ、あの南部盃はJpnIどころかJpnIIIという面子。その後のGI2戦は大敗。距離が短くなるのはいいですが、それだけで上位まで来れるかどうか?戸崎がずっと乗ってくれているのは心強いのですが。

11. ワイドバッハ…昨年の武蔵野S勝ち、前走の根岸Sでも後方から突っ込んできての2着。府中は合っています。前崩れの展開になれば、突き抜けるところまでありえると思います。全盛期のシルクフォーチュンといったイメージです。

12. サトノタイガー…JBCスプリント2着、カペラS2着と中央馬相手にもヒケはとらないところを見せていますが、前走、府中で大敗しているのはイヤな感じ。しかも、GIでぱっとしない三浦。テン乗りの三浦どうこうもありますが、御神本が乗りに来ないというのも勝負かけてないのかな?と思ってしまいます。

13. ワンダーアキュート…JpnI2勝、昨年の帝王賞馬です。ただ、ここ2走の内容が案外。ベリー騎乗は不気味ではありますが、さすがに明け9歳。衰えがきているのかなと思わずにはいられません。それと元来が勝ちきれない馬です。馬券になっても勝つまでは厳しいでしょう。

14. インカンテーション…前走は出遅れながらも追い込んできて3着。ただし、出遅れが無くても、勝ち馬にはとても届かなかったでしょう。外枠を引いたのは良かったですが、やや人気が先行しすぎている感もあります。テン乗りの内田騎手がどう乗るのかも気になりますね。

15. キョウワダッフィー…重賞未勝利、マイルも未勝利、ついでに府中も4戦未勝利。根岸S以上のパフォーマンスを望むのは難しいように思えます。

16. アドマイヤロイヤル…前走の根岸Sではブービー人気ながら3着で3連馬券の波乱を演出しました。左回りの1400、1600はベストと思いますが、決め手がなくて勝ちきれない馬です。鞍上はノリさん。人気もないし、お得意の後方ポツンをやって、ハマれば3着はあるかもしれません。



 ◆チェックポイント◆
・前走がOP特別の重賞未勝利馬……コーリンベリー
・前走がG3で5着以下……シルクフォーチュン、グレープブランデー、サトノタイガー、キョウワダッフィー
・前走が東京大賞典で8着以下……いない
・ダート初挑戦かつ前走が芝……いない
・7、8歳馬で前走5番人気以下……グレープブランデー、サトノタイガー、アドマイヤロイヤル
・9歳以上馬……シルクフォーチュン、ワンダーアキュート
・牝馬……コーリンベリー
・東京ダで既出走かつ未連対……サトノタイガー、インカンテーション

 残ったのは、ローマンレジェンド、コパノリッキー、カゼノコ、ハッピースプリント、レッドアルヴィス、サンビスタ、ベストウォーリア、ワイドバッハの8頭。

◎ワイドバッハ
○コパノリッキー
▲ベストウォーリア
△インカンテーション
△サンビスタ
△カゼノコ

 ローマンレジェンドは最内なのと、マイル実績がないこと、ピークは過ぎているように感じるので軽視。レッドアルヴィスは鞍上が大幅弱化したので消し。ハッピースプリントはここ2戦を見ると中央一線級とはまだ差があると思います。前走でサミットストーンと並んでの4着とかならまだ良かったんですがね。残った馬を主に買いました。

 本命はワイドバッハ。コパノリッキーに全幅の信頼を寄せにくい。内枠に入ったので、被されることを嫌う馬にはキツいような?ワイドバッハのほうが確実に追い込んでくる脚があるので、府中マイルでなら安定感も感じます。ただ、差し届かずのシーンも大いにありえるので、あくまでも連軸としての本命です。死んだ種牡馬の仔は走るともいいます。アジュディケーティングが亡くなったばかりですしね。馬券は◎1軸の3複10点で。
 
スポンサーサイト

テーマ:中央競馬重賞予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年フェブラリーS回顧~コパの連覇~ | HOME | 15年京都記念回顧>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |