ねぶろぐ~詩と競馬とたまにウツ~

土~月は競馬予想、レース回顧をUPします。その他の日は俺の日常、日々の想いを綴った詩をUPしていきます。詩、競馬、ちょっとウツな方の閲覧をお待ちしています。

15年ダイオライト記念展望

 今日は船橋競馬場でJpnIIダイオライト記念が行なわれます。先日のエンプレス盃がそうであったように、地方馬は要無しというレースが多いですが、このダイオライト記念は地方馬は脂が乗った馬が少なくなく、逆に中央馬は昔の名前で出ています的な馬と格下の馬の参戦。これはいい感じに人気も割れますし、当たるかわかりませんが、ガミに悩むようなレースにはなりそうもない。まあ、それが本来当たり前なのですが(笑)

1. ドラゴンエアル…報知ASC勝ち、金盃2着。前走は勝ち馬にうまく乗られてしまった感がありますが、追い込み一手ではなく、マクったり脚質に幅が出てきました。穴人気扱いですが、このぐらいの面子なら中央の1,2頭に先着するだけの力はあるはず。今後に向けた試金石となりそう。

2. サミットストーン…昨年の3着馬、東京大賞典、川崎記念も3着。距離があったほうがいいのだと思います。ここ2戦と比べて、のみならず昨年と比べても面子は軽い。しかも明らかにサミット自身は力をつけています。人気でしょうが、ここは勝ち負けを期待したいです。

3. カネマサゴールド…高知のA級も勝てない馬は場違い。

4. クリソライト…一昨年のJDD馬、昨秋の日テレ盃勝ち馬。この馬にしても、今回は軽い面子ですし、船橋では昨秋に圧勝しています。ただ、東京大賞典ではサミットに1.1も先着されてもいます。ムラ馬っぽさを感じるだけに軸にはしづらい。ユタカがどう乗るか、ですね。

5. トーシンイーグル…昨夏、小倉で準OPを勝ってOP入りしましたが、その後がどうも冴えません。しかも、前走で勝たれた馬もここにいますしね。鞍上シュタルケも多くの中央騎手よりは良いでしょうが、地の利のある地方の猛者と比べるとどうですかね?しかも離れたとは4人気?うーん。

6. アスカノロマン…前走でOP勝ち。直線平坦なコースは合ってそう。それに明け4歳馬で伸びしろもあるでしょう。勝ちきるまではどうかとも思いますが、馬券に絡む余地はありそうです。楽しみな馬と思います。

7. プレティオラス…3年前の東京ダービー馬。近年の東京ダービー馬としてはマシなほうと思いますが、この近走実績でどうですかね。割と差しが利く馬場状態とは思いますが、今のこの馬に馬券になるほど突き抜けれるとは思えない。それとこの馬、左回りが良くないですね。

8. アウトジェネラル…もまれ弱い馬だけに外目の枠を引けたのはいい。ただ、前に行かねばならないし、中央馬とサミットもいるわけで、前走のような楽逃げをさせてもらえるとはとても思えません。東京記念や大井記念あたりが狙いごろですかね。

9. エイシンルンディー…昨年のJBCレディス、クイーン賞でビリ。それがこの馬の今の力でしょう。

10. ディアデラバンデラ…超良血ですが、前走の地元重賞でサイモンロードに3.2差。サイモンロードがここに出ても通用するとも思えないのに、この馬ではとても。

11. シビルウォー…重賞5勝の実績馬ですが、もう10歳です。昨年は好走こそあれ、連対もできなかった。左回りの長丁場というのはベストと思いますし、この面子なら馬券になってもいいと思いますが、逆にここで馬券になれないなら、今後はさすがに厳しいでしょう。

12. インサイドザパーク…一昨年の東京ダービー馬。以降、連対すらないわけですが、ここにきて持ち直してきているとは思います。ただ、それはあくまでも南関馬相手であって、ここでは正直、荷が重い。

 ドラゴンエアル、サミットストーン、クリソライト、トーシンイーグル、アスカノロマン、シビルウォーの争いと見ます。人気はサミット、クリソ、アスカの3頭に集中。三つ巴の様相ですが、この3頭ですんなりきまりますかね?

◎シビルウォー
◎トーシンイーグル
△サミットストーン
△クリソライト
△アスカノロマン

 人気3頭のどれかがコケると見ました。で、シビルウォーかトーシンイーグルの食い込みを期待します。ドラゴンエアルとトーシンイーグルで迷ったのですが、やはり上手く乗られたとは言え、アウトジェネラルに負けているようでは、前を行く人気3頭に食い込めないだろうと判断。馬券は◎◎からの△△△への3複F。6点で。
スポンサーサイト

テーマ:南関東公営競馬予想 - ジャンル:ギャンブル

徒然競馬日記 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<15年ダイオライト記念回顧~格の違い~ | HOME | GOOD LUCK>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |